Googleサービス Googleドライブ

初心者でも簡単!GoogleドライブでDropboxのように共同作業をする方法

投稿日:

Pocket

無料のGoogleドライブでDropboxのように共同作業をする方法

Googleドライブは、Googleが提供している無料で15GBまでオンラインストレージを利用できる便利なサービスです。

googleドライブ

Googleアカウントごとにストレージを無料で15GBまで利用できたり、Googleアカウントがあれば、色んなデバイスからアクセスできたり、どんなファイルでもアップロードできると行った特長があります。

また、Dropboxのように、他のユーザーに編集する権限を与えて、共同作業をする事も可能です。

共同作業を始める方法は、二種類あります。

  1. Googleアカウントを持ってる人を招待する方法
  2. Googleアカウントが無い人と共同作業する方法

それでは、これらの2つの方法について、具体的に紹介したいと思います。

スポンサーリンク




 

Googleアカウントを持ってる人を招待する方法

フォルダで共同作業をする場合、共同作業をしたいフォルダを選択して、右上の「オプション」ボタンをタップします。

 

メニューが開きますので、一番下の「フォルダ操作」をタップします。

 

フォルダ操作に関するメニューが開きますので、「ユーザーを追加」をタップします。

 

ユーザーの追加画面が表示されますので、「ユーザー名」にメールアドレスを入力し、相手に分かるようにメッセージに共有について何かを入力して、上の「送信」ボタンをタップします。

 

入力したメールアドレス宛に、招待メールが届きます。これで設定は完了です。

 

Googleアカウントが無い人と共同作業する方法

Googleアカウントが無い人には、リンクをメールやLINEなどに貼り付けて、知らせる方法で共同作業を始める方法があります。

まず、共同作業をしたいフォルダを選択して、右上の「オプション」ボタンをタップします。

 

メニューが開きますので、一番下の「フォルダ操作」をタップします。

 

フォルダ操作に関するメニューが開きますので、まずは「リンクをコピー」をタップして、GoogleドライブのこのフォルダのURLを取得します。これをメールやLINEなどに貼り付けて、あとで相手に送ります。

 

続いて、共同作業を行う設定を進めます。「リンクの共有」をタップして、オンにします。

 

共有をオンにしただけの状態では、相手には閲覧権限しかありません。

編集権限を許可するために、フォルダ名の横の「i」ボタンをタップします。

 

フォルダの情報画面が表示されますので、「リンクの共有:ON」をタップします。

 

メニューが表示されますので、「整理、追加、編集可」を選択し、「OK」をタップします。

 

これで、リンクを共有した人も、フォルダ内のファイルを編集が可能になりました。

 

まとめ

今回は、Googleドライブのフォルダの共有設定をして、他の人と共同作業をする方法を紹介しました。

Dropboxと同じような使い方を無料で15GBまでできますので、Googleアカウントを持っているなら、ぜひ利用をおすすめします。

 

Sponsored Link

Sponsored Link







-Googleサービス, Googleドライブ

Copyright© ウェブライフバランス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.