Googleサービス Googleドライブ

【Googleドライブ】有料プランのGoogle OneとGoogel Workspaceの価格を比較

Google OneとGoogel Workspaceの価格を比較

2021年6月より、Googleフォトが、容量無制限の無料から、最大15GBまで無料へとサービス内容に変更がありました。

通常の使い方であれば、15GBあれば、余裕があったりしますが、写真や動画を撮りためている方にすると、かなり少なくなってしまいます。

特に、SDカードスロットが無いタイプのスマホを使っていて、Googleフォトをフルに活用していた場合には、この15GBでは容量的に厳しいと思います。

(無料で15GBまで仕える事自体、他のオンラインストレージサービスと比較しても、すごいサービスではあります)

とはいえ、iCloudやdropboxなど別のオンラインストレージサービスに乗り換えても、15GBを超える容量となると、結局は有料サービスを活用しなければいけません。

乗り換える手間や、使いやすさを考えると、Googleドライブの有料プランを使う方が便利でお勧めです。

しかし、Googleには、オンラインストレージが個人向けと企業向けの二種類が用意されていて、どちらがお得なのかが分かりづらかったりします。

そこで、今回は、個人向けのGoogle Oneと、企業向けのGoogle Workspaceのサービス内容と価格を比較してみたいと思います。

 

個人向けのGoogle Oneの価格

Google Oneは、個人向けにオンラインストレージを提供してくれるサービスです。

ややこしいですが、Androidスマホで最初から使えるGoogleドライブの15GB無料プランは、このGoogle Oneの無料プランの事でもあります。

個人向けという事で、容量は最大2TBまとなっていて、付随するサービス内容もほとんど無いシンプルなプラン構成ですが、その代わり月額料金は低く設定されています。

 月額年まとめ払いストレージの共有
15GB0円(0円)0円×
100GB250円(3,000円)2,500円
200GB380円(4,560円)3,800円
2TB1,300円(15,600円)13,000円

Google Oneの有料プランの特徴としては、ファミリーメンバー5人までとストレージの共有ができます。

あくまでファイルの共有ではなく、容量を使えるようになるのがポイントです。

100GBもいらないけど、15GBだと少ないという方には、この共有サービスによって家族で使えるようになると、ストレージを無駄に余らせる事がないので、便利なサービスだと思います。

 

企業向けのGoogle Workspaceの価格

Google Workspaceとは、以前は、G suiteと呼ばれていたサービスです。

 

 

企業向けのオンラインストレージサービスのため、ビジネス向けのGmailや高機能なGoogle Meetなどが使えるのがGoogle Oneと違うところです。

個人の方だとあまり必要がないものですが、個人事業主やフリーランスの方、中小企業では、ビジネス向けGmailなどは非常に便利なサービスですので、こちらを検討してもいいと思います。

容量と価格は、1ユーザー辺りとなっていますので、社員やスタッフが増えると、その人数分が必要になります。

 月額(1ユーザー)サポートMeet人数
30GB680円(8,160円)100人
2TB1,360円(16,320円)150人
5TB2,040円(24,480円)250人

 

まとめ

Googleドライブの有料プランとして、Google OneGoogle Workspaceを比較すると、その目的によって選択が変わります。

個人として家族と一緒にオンラインストレージを使おうと考える場合なら、金額的にも年間で3,000円ほどのGoogle Oneがお勧めです。

個人事業主やフリーランスとして、Googleドライブの容量を増やしたい場合ですと、Google Workspaceを使って、ビジネス向けGmailを使うのがお勧めです。

Gmailを@gmail.comではなく、会社のドメイン名のメールアドレスが使える事で、Gmailのセキュリティ機能がそのまま使えるので、とても安全で便利です。

サーバの管理をGoogleが行っている点も、故障やトラブルを考えると安心なポイントとなります。

 

 

 

関連記事(一部広告含む)



-Googleサービス, Googleドライブ

© 2021 ウェブライフバランス Powered by STINGER