Google Pixelシリーズ

【Google Pixel】歴代シリーズのスペック一覧表

Google Pixel シリーズの比較表

2016年に初代Pixelがリリースされてから、iPhoneに対抗するように、Googleから毎年新機種が発表されています。

日本未発売モデルの初代PixelとPixel 2から始まって、日本初登場のPixel 3シリーズから、5Gに対応したPixel 5までと、振り返るとかなりのバージョンがリリースされております。

iPhoneは、そのブランド力とハイスペック、高価格帯で、特に日本では大きなシェアを獲得しています。

しかし、世界レベルではGoogleのAndroid OSが、7割以上のシェアを占めています。

この優位性を活かすために、Google謹製のスマホとしてPixelシリーズをリリースしていますが、スマホとしてのシェアはまだまだiPhoneの足元にも及びません。

Pixelシリーズのスペックがどのように変遷してきたのかを見ると、Googleのスマホ市場での戦略も見えてくると思います。

今回は、Pixelシリーズのスペックを一覧表にまとめて比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

Google Pixel 5とGoogle Pixel 5a (5G)のスペック比較表

正式な5代目がPixel 5です。そして廉価版としてPixel 5a (5G)がリリースされます。

どちらもCPUをSD765Gとコストを抑えつつ、バッテリー容量はシリーズ最大で、Pixel 5a (5G)に至って4,680mAhもあります。

カメラは、どちらもデュアルレンズです。Pixel 5a (5G)は、画面サイズが6.3インチもあるので、ほぼPixel 4 XLと同サイズの大きさです。

ただ、Pixel5は、151gと割と軽いのですが、Pixel 5a (5G)は183gもあるので

5Gがまだ普及していない現段階では、宝の持ち腐れ感もありますが、最新の技術に触れたい方には良いモデルだと思います。

 Google Pixel 5Google Pixel 5a (5G)
メーカーGoogleGoogle
プラットフォームAndroid 11.0Android 11.0
プロセッサー
動作周波数
Snapdragon 765G
2.4+2.2+1.8GHz
オクタコア
Snapdragon 765G
2.4+2.2+1.8GHz
オクタコア
画面サイズ6.0インチ
2,340 × 1,080pix FHD
432ppi
6.3インチ
2,400 x 1,080pix FHD
413ppi
メインメモリ8GB6GB
記録装置128GB
マイクロSD: 非対応
128GB
マイクロSD: 非対応
カメラメイン: 12.2メガ+16メガ
フロント: 8メガ
メイン: 12.2メガ+16メガ
フロント: 8メガ
バッテリー容量4,080mAh4,680mAh
サイズ高: 144.7mm
幅: 70.4mm
厚: 8.0mm
高: 156.2mm
幅: 73.2mm
厚: 8.8mm
質量151g183g
ネットワーク5G5G
おサイフケータイ
防水・防塵対応IP68IP67
ワイヤレス充電-
認証機能指紋指紋
SIMサイズnano SIM+eSIMnano SIM+eSIM
値段74,800円(税込)51,700円(税込)

 

Google Pixel 4aとGoogle Pixel 4a 5Gのスペック比較表

評判の悪かったPixel 4の廉価版として、Pixel 4aがリリースされ、5G対応版としてPixel 4a 5Gがリリースされました。

Pixel 4aは、Pixel 3aよりも、スペックアップされているのに、価格は安くなり、非常にコスパの高い機種となりました。

価格コムなどでも高い評価を得ています。

Pixel 4a 5Gは、同じ4aの名前を冠していますが、ほとんど違うスマホになっています。サイズ的にもPixel 4a XLと言っても良さそうです。

 Google Pixel 4aGoogle Pixel 4a 5G
プラットフォームAndroid 10.0Android 11.0
プロセッサー
動作周波数
Snapdragon 730
2.2GHz+ 1.8GHz
オクタコア
Snapdragon 765G
2.4+2.2+1.8GHz
オクタコア
画面サイズ5.81インチ
2,340 × 1,080pix FHD
444ppi
6.2インチ
2,340 × 1,080pix FHD
430ppi
メインメモリ6GB6GB
記録装置128GB
マイクロSD: 非対応
128GB
マイクロSD: 非対応
カメラメイン: 12.2メガ
フロント: 8メガ
メイン: 12.2メガ+16メガ
フロント: 8メガ
バッテリー容量3,140mAh3,885mAh
サイズ高: 144.0mm
幅: 69.4mm
厚: 8.2mm
高: 153.9mm
幅: 74mm
厚: 8.2mm
質量143g168g
ネットワーク4G5G
おサイフケータイ
防水・防塵対応--
ワイヤレス充電--
認証機能指紋指紋
SIMサイズnano SIM & eSIMnano SIM & eSIM

 

Google Pixel 4とGoogle Pixel 4 XLのスペック比較表

正式な4代目のPixel 4とPixel 4 XLのスペックです。

CPUやメモリ、デュアルレンズ(広角)など少しスペックアップをしましたが、その分だけ価格も高くなり、同価格帯レベルの中華スマホと比べると割高感が強く、非常に評判の悪い機種となりました。

評価の高かったPixel 3aの後に出た事で、非常に割高なイメージになりました。ここで評価を落としたのはGoogleとしても痛かったと思います。

 Google Pixel 4Google Pixel 4 XL
プラットフォームAndroid 10.0Android 10.0
プロセッサー
動作周波数
Snapdragon 855
2.84+1.78GHz
オクタコア
Snapdragon 855
2.84+1.78GHz
オクタコア
画面サイズ5.7インチ
2,280 × 1,080pix FHD
444ppi
6.3インチ
3,040 × 1,440pix FHD
441ppi
メインメモリ6GB6GB
記録装置64GB/128GB
マイクロSD: 非対応
64GB/128GB
マイクロSD: 非対応
カメラメイン: 12.2メガ+16メガ
フロント: 8メガ
メイン: 12.2メガ+16メガ
フロント: 8メガ
バッテリー容量2,800mAh3,700mAh
サイズ高: 147.1mm
幅: 68.8mm
厚: 8.2mm
高: 160.4mm
幅: 75.1mm
厚: 8.2mm
質量162g193g
ネットワーク4G4G
おサイフケータイ
防水・防塵対応IP8IP8
ワイヤレス充電
認証機能
SIMサイズnano SIM+eSIMnano SIM & eSIM

 

Pixel 3a とPixel 3a XLのスペック比較表

割高なイメージのPixel 3の廉価版モデルとして発売されたのが、Pixel 3aとPixel 3a XLです。

CPUをSD670にしたりカメラをシングルレンズにするなど、スペックを抑えた事で、価格を手ごろにした事で、非常にコスパの高いモデルとなりました。

これまでのPixelシリーズの中では高い評価を受けた機種でした。

また、他社製のスマホよりも軽いのが特長かもしれません。女性でも扱いやすいのがポイントです。

 Google Pixel 3aGoogle Pixel 3a XL
プラットフォームAndroid 9.0Android 9.0
プロセッサー
動作周波数
Snapdragon 670
2.0GHz
オクタコア
Snapdragon 670
2.0GHz
オクタコア
画面サイズ5.6インチ
2,220 × 1,080pix FHD
441ppi
6.0インチ
2,160 × 1,0800pix FHD
402ppi
メインメモリ4GB4GB
記録装置64GB
マイクロSD: 非対応
64GB
マイクロSD: 非対応
カメラメイン: 12.2メガ
フロント: 8メガ
メイン: 12.2メガ
フロント: 8+8メガ
バッテリー容量3,000mAh3,700mAh
サイズ高: 151.3mm
幅: 70.1mm
厚: 8.2mm
高: 160.1mm
幅: 76.1mm
厚: 8.2mm
質量147g167g
ネットワーク4G4G
おサイフケータイ◯ ◯ 
防水・防塵対応IP52IP52
ワイヤレス充電--
認証機能指紋指紋
SIMサイズnano SIMnano SIM

 

Pixel 3 とPixel 3 XLのスペック比較表

日本で初めて発売されたPixel 3とPixel 3 XLのスペックです。

ここでGoogleが打ち出したのが、カメラのレンズなどハード的な性能ではなくて、撮影した画像を処理するAIの能力の高さでした。

その結果、夜景モードについては、iPhoneを凌ぐ質の高さでした。

ただ、それを加味してもスペック的には、本体価格が割高な感じがありました。

日本向けにiPhoneに先駆けて、おサイフケータイに対応したのは良かったと思います。

 Google Pixel 3Google Pixel 3 XL
プラットフォームAndroid 9.0Android 9.0
プロセッサー
動作周波数
Snapdragon 845
2.5GHz + 1.6GHz
オクタコア
Snapdragon 845
2.5GHz + 1.6GHz
オクタコア
画面サイズ5.5インチ
2,160 × 1,080pix FHD
443ppi
6.2インチ
2,960 × 1,440pix FHD
523ppi
メインメモリ4GB4GB
記録装置64GB/128GB
マイクロSD: 非対応
64GB/128GB
マイクロSD: 非対応
カメラメイン: 12.2メガ
フロント: 8+8メガ
メイン: 12.2メガ
フロント: 8+8メガ
バッテリー容量2,915mAh3,430mAh
サイズ高: 145.6mm
幅: 68.2mm
厚: 7.9mm
高: 158.0mm
幅: 76.7mm
厚: 7.9mm
質量148g184g
ネットワーク4G4G
おサイフケータイ◯ ◯ 
防水・防塵対応IP8IP8
ワイヤレス充電--
認証機能指紋指紋
SIMサイズnano SIMnano SIM

 

Pixel 2 とPixel 2 XLのスペック比較表

日本未発売の二代目のPixel 2とPixel 2 XLのスペックです。

初代から微妙なスペックアップをしていますが、性能的にライバルのiPhoneや中華系スマホには及ばない為、評価もあまり高くない機種でした。

 Google Pixel 2Google Pixel 2 XL
プラットフォームAndroid 8.0Android 8.0
プロセッサー
動作周波数
Snapdragon 835
2.35 GHz + 1.9 GHz
オクタコア
Snapdragon 835
2.35 GHz + 1.9 GHz
オクタコア
画面サイズ5.0インチ
1,920 × 1,080pix FHD
441ppi
6.0インチ
2,880 × 1,440pix FHD
538ppi
メインメモリ4GB4GB
記録装置64GB/128GB
マイクロSD: 非対応
64GB/128GB
マイクロSD: 非対応
カメラメイン: 12.2メガ
フロント: 8メガ
メイン: 12.2メガ
フロント: 8メガ
バッテリー容量2,700mAh3,520mAh
サイズ高: 145.7mm
幅: 69.7mm
厚: 7.8mm
高: 157.9mm
幅: 76.7mm
厚: 7.9mm
質量143g175g
ネットワーク4G4G
おサイフケータイ--
防水・防塵対応IP53IP53
ワイヤレス充電--
認証機能--
SIMサイズnano SIMnano SIM

 

Pixel とPixel XLのスペック比較表

初代PixelとPixel XLのスペックです。日本未発売のため、あまり知られていない機種になります。iPhoneが大画面サイズをリリースした事に対抗して、Pixel XLをリリースしています。

しかし、XLでも画面サイズが5.5インチと、今のPixel 5より小さいのが時代を感じます。

 Google Pixel Google Pixel XL
プラットフォームAndroid 7.1Android 7.1
プロセッサー
動作周波数
Snapdragon 821
2.15 GHz + 1.6 GHz
クアッドコア
Snapdragon 821
2.15 GHz + 1.6 GHz
クアッドコア
画面サイズ5インチ
2,280 × 1,080pix FHD
444ppi
5.5インチ
2,220 × 1,080pix FHD
441ppi
メインメモリ4GB4GB
記録装置32GB/128GB
マイクロSD: 非対応
32GB/128GB
マイクロSD: 非対応
カメラメイン: 12.3メガ
フロント: 8メガ
メイン: 12.3メガ
フロント: 8メガ
バッテリー容量2,770mAh3,450mAh
サイズ高: 143.8mm
幅: 69.5mm
厚: 8.5mm
高: 154.7mm
幅: 75.7mm
厚: 8.5mm
質量143g168g
ネットワーク4G4G
おサイフケータイ--
防水・防塵対応IP53IP53
ワイヤレス充電--
認証機能--
SIMサイズnano SIMnano SIM

 

 

Google Pixel シリーズを一覧にまとめてみると、色々と見えてくるものがあります。 

デュアルレンズをフロントにしたり、メインに戻したりや、XLシリーズの廃止やバッテリーの増量、CPUの性能などの変遷を見ると、その時の流行や性能の高さとコスト面とのバランスに苦慮している事が見えてきます。

iPhoneの牙城であるハイエンドモデル市場にチャレンジをしましたが、そのブランド力には力及ばずで、iPhone 3aの高い評価を元に、Pixel 5を見ると5G対応しながらミドルハイスペックで割安なコスパ重視のモデルでの勝負を始めたように見えます。

iPhoneがパーツの在庫セール的にリリースするiPhone SEシリーズが狙っている市場でのシェア拡大を目指しているようです。

確かにこの市場では、iPhone SEは、型落ちの性能のスマホになっていますので、Googleに勝機があるかもしれませんが、中華系スマホの独壇場でもあるので、GoogleのAIの開発力を含めたGoogleブランドの確立が急務かと思います。

Appleや中華系スマホに対抗できる日が来ることを祈りつつ、Pixel5以降の展開も楽しみです。

関連記事(一部広告含む)



-Google Pixelシリーズ

© 2021 ウェブライフバランス Powered by STINGER