Googleサービス Googleドライブ

初心者でも分かる!Googleドライブアプリの特長と基本的な使い方

投稿日:

Pocket

簡単で便利なGoogleドライブアプリの基本的な使い方を紹介

Googleドライブは、Google のオンラインストレージを無料で15GBまで利用できる便利なサービスです。

googleドライブ

Googleが提供するオンラインストレージ上に、スマホ内にある写真だけでなく、PDFファイルや動画など色んなファイルを保存ができます。簡単にいうと、クラウド上に15GB分の保存スペースを無料で借りれるサービスです。

また、Googleアカウントでログインすれば、パソコンやタブレット等から、オンラインストレージに保存されたファイルにアクセスでき、ダウンロードや編集も可能です。

しかも、Googleドライブは、Andoroidスマホであれば、ほぼ標準でアプリがプリインストールされていますので、サインインすれば、すぐに使い始められます。

Googleドライブの特長は下記の4点です。

  1. Googleアカウントごとにストレージを無料で15GBまで利用できます。
  2. 文章、写真、音楽、動画など何でもアップロードできます。
  3. PC、タブレット、スマホなどデバイスを選ばずにアクセスできます。
  4. フォルダやファイル毎に他のユーザーとの共同編集や閲覧を許可したりできます。

それでは、これらの4点について、具体的に紹介したいと思います。

スポンサーリンク




15GBの容量の残りを確認する方法

容量の確認を行うには、下記の「Googleドライブアイコン」をタップします。

googleドライブ

 

マイドライブ画面が表示されますので、左上の「メニューボタン」をタップします。

 

メニューが開くので、下に移動すると、最大容量と使用中の容量が表示されます。

GmailやGoogleフォトと共用なので、残りの容量には注意が必要です。意外とGmailを削除していかないと添付ファイルが大量に貯まることで、容量を圧迫します。

 

ファイルをアップロードする方法

Googleドライブでは、Wordファイル、エクセルファイルなどのオフィス系や、PDF、JPG、MPEGなど、どんなファイル形式でもアップロードして保管が可能です。

 

ファイルのアップロードの方法は、画面の右下の「+」ボタンをタップします。

 

メニューが開くので、「アップロード」をタップします。

 

最近、スマホ内に保存した画像一覧が表示されます。もし、ここ以外のファイルをアップロードしたい場合は、左上の「メニューボタン」をタップします。

 

アップロードメニューが開きますので、画像であれば「画像」を、動画なら「動画」、音楽なら「オーディオ」、ダウンロードしたものなら「ダウンロード」をタップします。

 

各フォルダが表示されますので、目的のファイルがあるフォルダをタップして、目的の画像やファイルをタップすればOKです。

 

フォルダを作成する方法

Googleドライブにフォルダを作成する方法は、まず画面の右下の「+」ボタンをタップします。

 

メニューが開くので、「フォルダ」をタップします。

 

新しいフォルダの名前を入力する画面が表示されますので、任意の名前を入力して「OK」をタップして完了です。

 

ちなみに、Googleドライブは、パソコンやタブレット、スマホなど違うデバイスであっても、同じGoogelアカウントでアクセスすれば、デバイスに関係なくファイルの管理ができます。

スマホでGoogleドライブのマイドライブに、「確定申告」というフォルダを作成すると、

 

パソコンでブラウザからGoogleドライブにアクセスしても「確定申告」が作成されているのが確認できます。

 

 

まとめ

今回は、Googleドライブの基本的なファイルのアップロードやフォルダの作成方法などを紹介しました。

ちなみに、Googleドライブの注意点は、Gmail、Googleフォトと共用なので、添付ファイルや写真のバックアップ設定によっては、すぐに15GBの容量を超えてしまいます。

 

Sponsored Link

Sponsored Link







-Googleサービス, Googleドライブ

Copyright© ウェブライフバランス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.