Google Pixel 3a スマホケースのレビュー

耐衝撃性の高いSpigenのGoogle Pixel 3a用スマホカバーがおすすめ

Google Pixel 3a用のアクセサリーは豊富にリリースされていて、ケースも色んな種類が出ています。

クリアタイプや、ハードタイプ、耐衝撃性タイプ、手帳型など、色んな素材や形のものがあります。

今回は、Pixel 3a用のスマホケースとして、Pixel 3での経験を元にして、耐衝撃性タイプのSpigen社のラギッドアーマー(商品番号 Pixel3a-RuggedArmor)を使うことにしました。

前機種であるPixel 3の時にこのタイプのケースを使っていて、何度か家の床に落としても問題なかった点も踏まえました。

1年後にPixel 3aを中古での買取に出す時の事を考えて、見栄えよりもスマホを守れるかを重視しました。

ということで、今回は、Google Pixel 3a用の耐衝撃タイプのスマホケースのレビューをしたいと思います。

[blogcard url=https://weblife-balance.com/google-pixel-3a-rhinoshield/”]

[adsense]

 

Spigen社のGoogle Pixel 3aラギッドアーマーのレビュー

Spigen社のラギッドアーマーは紙のケースに入って届きます。

下記のような特長がポイントです。

  1. 米軍軍事規格(Military Grade)取得
  2. 四隅のエアクッションで衝撃吸収
  3. Spigenオリジナルのクモの巣状加工
  4. 保護力の高い設計
  5. 素材はTPU

実際に、Pixel 3の時に、床に落としても故障や傷等は発生しませんでした。

 

ケースの内側には、端末への衝撃を効率よく逃がすためにクモの巣状の耐衝撃用の加工がされています。

前回、ケースが摩擦で溶けてPixel3の背面に付着することはなかったです。

 

裏面には、Spigenのロゴと、レンズと指紋認証の部分に穴が空いています。

上部と下部以外は、滑りにくいマット(サンド風)な仕上げになっています。

 

実際に装着してみて、指紋認証部分に指を乗せてみると、適度な窪みの深さがあるので、使いやすいです。

 

ケースの下部は、USBポートと、スピーカー部分に穴が空いています。

 

ケースの上部は、イヤフォンジャックと合わせて2か所穴が空いています。

 

左側の電源ボタンとボリュームボタンも、むき出しではなく、カバーするタイプですので、落としても安心です。

 

まとめ

Google Pixel 3a自体に、耐衝撃性を売りにしているスマホではないので、やはり落下による故障や傷については、スマホケースの方で補う事をお勧めします。