【実機レビュー】Google Pixel 3の機能と特長の感想

Google Pixel 3の機能と特長を実機を使ってみてのレビュー

Googleから、フラッグシップ機であるGoogle Pixel3がリリースされました。

今までAndroidのミドルスペック機ばかり使ってきたので、値段も機能も手にあまりそうだったんですが、Google謹製という部分に引かれて購入しました。

楽天モバイルを利用しているので、Googleストアより、SIMフリー版を手に入れました。

楽天モバイルのSIMでのセットアップもでき、今までかなり快適に使えております。

楽天モバイルの評価やメリット・デメリットは下記を参照してください。

[blogcard url=”https://rakuten-sim.com/”]

 

しかし、前の機種がarrows M04で、型遅れのSnapdoragon430搭載だったので、最新のCPUによるレスポンスの速さが特に快適です。

カメラの性能なども段違いなので、その辺りも含めて機能と特長についてレビューをしたいと思います。

[adsense]

Google Pixel 3の特長

ダントツの軽さ

とりあえず、とても軽いです。

Google Pixel3の148gは、同時期に発売されたiPhone XSの177gやGalaxy S9の161gと比べると、その軽さが分かります。

この軽さは、非常に魅力です。混んでいる電車内で使う時に、片手で操作をするのに非常に助かります。

サイズ感も男性の手なら、ちょうど良い大きさなので、持ちやすいです。

耐衝撃性の厚めのケースを装着しても、良い感じに手に収まります。

 

カメラと高機能なAIによる処理技術

Google Pixel3の最大の特長と言えば、カメラと言っても過言ではないと思います。

しかし、今流行りのデュアルレンズではなく、シングルレンズです。

 

ただ、AIによる写真の補正技術がすごいので、レンズが2つでなくても、全く大丈夫です。

 

ポートレートモードでは、背景が自動でボケてくれます。

接写でもピントを自動で合わせてくれます。というか、そういう画像処理をして、綺麗に写っている写真を残してくれていると思います。

 

夜景モードでは、光量が少なくても自動で鮮明な写真が撮れます。

また、手振れやピンボケもAIが処理をしてくれるようなので、ボケた写真になりません。

夜景モードの詳細なレビューは下記の記事を参照ください。

[blogcard url=”https://weblife-balance.com/google-pixel3_camera1/”]

Googleレンズ

Google Pixel3は、Googleレンズに対応しています。

カメラで捉えた物体を認識して、それに関するであろう情報の候補を教えてくれます。

例えば、自宅のノートPCを、Googleレンズで見てみると、機種の名前と類似の機種の候補が表示されます。

まだ、精度の高さには改善の余地がまだあると思いますが、なかなか面白いサービスだと思います。

すぐに認識してくれなかったり、BLUE GIANTのコミックではなく、コンピレーションアルバムが出てきたりと、思っているのと違う動きをすることが多いです。

今後のバージョンアップに期待です。

 

高速充電

Google Pixel3は、高速充電とワイヤレス受電に対応しています。

ただ、高速充電については、付属の高速充電用アダプターだけでの対応となります。

どうやら、普通の充電器では高速充電できないようです。

 

Qi企画に準拠しているので、ワイヤレス充電が可能なのですが、10Wで充電できるのは、Google Pixel Standだけのようです。

市販のQi充電器だと、5Wでの充電になるそうです。

Google Pixel Stand

 

快適なCPUの処理速度

CPUにSnapdoragon845、メモリを4GB搭載しているので、キビキビと動作します。

さすがに、iPhone XSのA12 Bionicと比べると数値的には見劣りしてしまいますが、普通に使う場合にはこれで十分だと思います。

Geek Bench4で、私のPixel3を計測したところシングルで2357、マルチで8296でした。

Snapdoragnの性能の比較については下記の記事を参照ください。

[blogcard url=”https://weblife-balance.com/cpu_spec/”]

 

シンプルなアプリ構成

Google系のアプリが入っている以外は、何もないシンプルなAndroidの状態です。

メーカー独自のアプリが入ってないので、自分の好きなアプリだけで揃えられる点はいいです。

ちなみに、Android 9から、画面下のナビゲーションバーが変わっています。

 

アクティブ エッジで簡単にGoogleアシスタントを呼び出せる

Google Pixel3の両サイドを握ると、自動でGoogleアシスタントが起動します。

初めに音声入力が起動しているので、話しかけるとすぐに反応があります。

まだ、そこまで使う機会がないのですが、これから便利な機能になりそうです。

 

まとめ

Google Pixel3は、スマホ本体のハード的なスペック面では、iPhone XSなどに劣る部分もありますが、ソフト面においては、負けず劣らずのとても良い機種だと思います。

特にカメラの処理能力については、カメラに詳しくないけど、スマホで一眼ぽい写真を撮りたいという人には、とても良いと思います。

夜景モードは、本当にすごいです。レビューを見てみてください。

[blogcard url=”https://weblife-balance.com/google-pixel3_camera1/”]

Google Pixel 3の廉価版(ミドルスペック版)が出るとの噂があります。

もしかしたら、ハードに依存しないPixel3なので、そちらの方がコストパフォーマンスが高い機種になるかもしれません。

 

格安SIMでPixel3と使うなら楽天モバイルがおススメです。

[blogcard url=”https://rakuten-sim.com/”]

お勧めスマホケース