ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

Y!mobileのiPhone5Sプランは本当に安いのか?格安SIMと料金比較してみる

      2016/05/06

Pocket

iPhone ワイモバイル(Y mobile)

Y!mobileが提供しているiPhone5Sプランは、本当にお得なのかを比較してみる

Softbank系列のY!mobileがiPhone5Sプランの提供を始めたあたりから、業績が右肩上がりだそうです。

2代前の機種になるiPhone5Sですが、性能的には今でも問題ないレベルの機種です。

iPhone6S等よりも、液晶画面が4インチと小さく、女性でも片手で操作がしやすいので、こちらの方が使いやすいという意見もあります。

それを、かなり安い金額で購入できるY!mobileのプランです。

しかし、先日に同じ4インチ画面のiPhoneSEがリリースされたので、SIMフリー版のiPhoneSEを格安SIMの楽天モバイルで運用した場合と比較してみて、どちらがお得かを見てみたいと思います。

スポンサードリンク

Y!mobileのiPhone5Sプランと楽天モバイルを比較

今回は、Y!mobileのiPhone5SのスマホプランM(3GB)と、楽天モバイルで5分かけ放題プランと3.1GBプランを契約した場合に2年間の通信料金の比較をしてみます。

  Y!mobile 楽天モバイル
機種 iPhone5S
iPhone5S 16GB
iPhone SE
iPhoneSE 16GB
プラン内訳

本体価格:
54,432円(税別)

スマホプランM 3GB:
3,980円(税別)
※1回あたり10分、月300回まで通話無料

月額割引:
-1,728円

本体価格:
52,800円(税別)

通話SIM 3GBプラン:
1,600円(税別)

5分かけ放題オプション:
850円(税別)

2年間の利用料金 54,432円
+3,980円×24ヶ月
-1,728円×24ヶ月
52,800円
+1,600円×24ヶ月
+850円×24ヶ月
2年間の利用料金 108,480円(税込)
※初回手数料は除いています。
111,600円(税込)
※初回手数料は除いています。
備考 2年契約で期間中に解約をする場合、9,500円の契約解除料がかかります。
iPhoneはSoftbankのSIMロックが掛かっています。
1年契約で期間中に解約をする場合、9,800円の契約解除料がかかります。

 

iPhone5SとiPhoneSEのスペック比較

液晶サイズを含めて外形はほぼ同じのiPhone5SとiPhoneSEですが、内部にはかなり違いがあります。

スマホの頭脳部分のプロッサーはiPhoneSEは1.85GHzとiPhone6Sと同等の高性能で、記憶装置のメインメモリも2GBとなっているので、iPhone5Sよりも処理が早く安定しているようです。

またメインカメラの性能が800万画素と1200万画素と格段に違っています。

  iPhone5SiPhone 5s iPhone SEiPhone SE
メーカー Apple Apple
プラットフォーム iOS iOS
プロセッサー
動作周波数
Apple A7、M7 
1.3GHz
Apple A9、M9
1.85GHz
画面サイズ 4インチ、
1136×640ドット
4インチ
1136×640ドット
メインメモリ 1GB 2GB
記録装置 16GB~ 16GB/64GB
カメラ メイン:800万
フロント:120万
メイン:1200万
フロント:120万
バッテリー容量 2,330mAh  –
サイズ 幅123.8mm
奥58.6mm
厚7.6mm
幅123.8mm
奥58.6mm
厚7.6mm
質量 約112g 約113g
SIMサイズ nano SIM nano SIM

まとめ

比較してみると、2年間での料金の差額は3,120円と微妙な差となりました。

iPhoneの性能にはこだわらないので、少しでも月額料金の安い方を使いたい場合は、Y!mobileのプランをオススメします。ただ、このiPhone5SはソフトバンクのSIMロックが掛かっているので、2年後にMNP転出などを考えている場合は注意が必要です。

一方で、やはりiPhoneの性能に少しでもこだわりたいという方は、SIMフリー版のiPhoneSEを購入して、楽天モバイルなど格安SIMで運用する事をオススメします。こちらSIMフリー版なので、1年後に別の格安SIMへのMNPができます。

どちらのプランでも大きな差がないので、2年後にどうするか等を含めて選択するのが一番良いかと思います。

私なら、SIMフリー版のiPhoneSEを購入して、楽天モバイルなど格安SIMで運用する方を選択します。2年後に下取りに出す場合にもSIMフリー版の方が高く評価されますので。

また、DTI SIMでは、iPhone6S 16GBのレンタルプランを提供しています。1年間の縛りがありますが、2年目からは他の機種への変更も可能ですし、そのままレンタルの継続も可能です。または端末を買取りすることも可能ですので、こういうプランも検討しても良さそうです。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 

 - Y!mobile, 楽天モバイル&格安SIM