ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

楽天モバイルの料金支払で口座振替する方法

   

Pocket

楽天モバイルの料金支払が口座振替が可能に

楽天モバイルは、今までクレジットカードとデビットカードでの引き落としのみの対応でしたが、口座振替にも対応しました。

格安SIMは、LINEモバイルやFreetel、イオンモバイルなど支払い方法がクレジットカードに限定されている場合が多いです。

中小企業などで、楽天モバイルのSIMを会社用として契約をするにあたって、会社のクレジットカードを用意できない場合に、口座振替があると便利だと思います。

スポンサードリンク

口座振替の注意点

月額の通信費用と契約手数料については口座振替が可能ですが、端末の購入代金の引き落としには対応できないようです。

引き落とし手数料として、毎回100円(税別)が必要です。ちなみに、クレジットカードでの支払いの場合は手数料は無料です。

口座振替が使える金融機関は、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、じぶん銀行、イオン銀行、新生銀行、信用金庫 ほか。詳細はこちら

 

口座振替の設定変更の方法

すでに、クレジットカードを登録して楽天モバイルを利用している場合でも、設定を変更すると口座振替に変える事ができます。

楽天モバイルのメンバーズステーションにログインします。

メンバーズステーションページが開きますので、下部にある「登録情報・設定変更」の「口座振替情報」をクリックします。

楽天モバイル メンバーズステーション

 

口座振替情報ページの「口座情報の登録へ」ボタンをクリックします。

別ウインドウで口座情報の登録画面が開きますので、引き落としに使う金融機関の情報を登録します。

楽天モバイル メンバーズステーション2

無事に登録できれば、口座振替情報ページに登録した情報が表示されます。

 

まとめ

口座振替に対応したことで、仕事用として楽天モバイルSIMの利用が増えそうです。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 手続き, 楽天モバイル