ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

楽天モバイルで家族や友人とデータシェアする方法

   

Pocket

楽天モバイルのデータシェアサービスの設定方法

すでにOCN oneなどの他社格安SIMでは標準サービスになっていたデータ容量の共有サービスが、楽天モバイルでも使えるようになりました。

3.1GBと少なめのデータ容量で契約していても、Wifi環境での利用が多いと、自分のデータを使い切らなくて、次月へ持ち越しして、また使い切らない事が多いと思います。

そんな時、楽天モバイルのデータシェアサービスを利用すると、楽天モバイルに契約している家族や友人に、余ったデータ容量を共有できるようになります。

最大で5人回線までのシェアが可能で、050データSIM、データSIMの利用者でもシェアが可能のようです。

データシェアサービス

 

月額利用料が100円(税別)ですが、2017年7月までは無料キャンペーン中ですので、試しに使ってみて、必要なければ解約も可能です。

データシェアサービス

 

また、共有サービスの開始が翌月からになるので、設定から最大30日程度かかりますので、ご注意下さい。

では、データシェアサービスの設定方法について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

データシェアサービスの設定方法

楽天モバイルのメンバーズステーションにログインするために、楽天モバイルのサイトにアクセスします。

右上のメニューをタップします。

データシェアサービス1

 

メニューをスクロールして、「メンバーズステーション」をタップします。

データシェアサービス2

 

メンバーズステーションのページが開きますので、今回は下にスクロールして、ユーザーアカウントでログインで、ユーザーIDとパスワードを入力して、「ログインボタン」をタップします。

データシェアサービス3

 

メンバーズステーションのページにログインできたら、ページの下部のデータシェアの「お申込みへ」ボタンをタップします。

データシェアサービス4

 

メンバーの招待画面が表示されますので、データを共有したい家族や友人の電話番号を入力して、ページの下部へと移動します。

データシェアサービス5

 

3つの注意事項を読んで、問題なければチェックを入れて、「メンバーを招待」ボタンをタップします。

データシェアサービス

 

データシェア参加承認依頼メール送信確認画面が表示されますので、送信先の電話番号を確認して問題なければ「参加承認依頼メールを送信」ボタンをタップします。

データシェアサービス7

 

これで、送信完了です。招待メールがメンバーに送信されますので、メンバーの承認を待ちます。

データシェアサービス8

 

メンバーがデータシェアサービスへの傘下を承認すると、報告のメールが届きます。

これでデータシェアサービスの利用開始の準備が完了できました。

データシェアサービス10

 

無事にメンバーが追加されているかを、メンバーズステーションページにて確認ができます。

メンバーズステーション9

 

無事にメンバーが追加できていれば、翌月からデータシェアサービスの利用が開始されます。

メンバーズステーション12

 

データシェアの残量の確認方法

データシェアサービスが利用開始されると、楽天モバイルアプリで、データシェアの残量等の確認ができます。

楽天モバイルアプリをタップします。

楽天モバイル

 

楽天モバイルアプリの右上の「リスト」アイコンをタップします。

データシェアサービス13

 

残容量詳細画面が表示されます。基本の契約分の容量に加えて、前月の持ち越し分のデータシェア容量が表示されます。

データシェア14

 

まとめ

家族だけでなく、友人など楽天モバイルの契約者であれば、データシェアができるのが、楽天モバイルのサービスの特徴です。

データシェアサービスが追加されたことで、5分かけ放題サービスや、楽天スーパーポイントなどと相乗効果により、楽天モバイルがよりいっそう、使いやすくなりました。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - データ通信量と通信速度, 楽天モバイル