ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

簡単に予定の作成と通知!Googleカレンダーアプリの使い方の基本

      2016/09/20

Pocket

便利なAndroid版Googleカレンダーの基本的な使い方

GoogleカレンダーはGoogleアカウントがあれば、スマホやPCなどのデバイスに関係なくスケジュールを簡単に一元管理できる非常に便利なアプリです。

そして、Google系の他のサービスとの連携も可能です。

Googleカレンダー

使い方も非常にシンプルで簡単なアプリなのですが、説明書などが無いので、自分でネットやヘルプで調べる必要があります。

今回は基礎の基礎として、カレンダーへの予定の新規作成プッシュ通知の設定方法を紹介します。

スポンサードリンク

Googleカレンダーに予定を新規作成する方法

カレンダーに予定を入れる方法ーその1

スケジュール画面の右下の「+」アイコンをタップします。

今回はサンプルとして5月1日に「テスト」として予定を追加してみます。

Googleカレンダー予定作成1

項目追加画面が表示されますので、一番下の「予定」アイコンをタップします。

Googleカレンダー予定作成2

予定入力画面が表示されますので、まずは予定の件名を入力します。「テスト」と入れてみます。

Googleカレンダー予定作成3

次は、日程の入力をします。上の日付部分をタップします。

Googleカレンダー予定作成4

日付設定画面が表示されますので、日付を選択して、「OK」をタップします。今回は5月1日とします。

Googleカレンダー予定作成6

時間を設定するには、日付のとなりの時間をタップします。

Googleカレンダー予定作成7

時間設定画面が表示されますので、時間を選択して、「OK」をタップします。今回は10時のままにしておきます。

Googleカレンダー予定作成5

必要であれば、場所を入力して、右上の「保存」をタップします。

Googleカレンダー予定作成8

スケジュール画面に入力した予定が表示されます。

無事に5月1日に「テスト」と表示されました。

Googleカレンダー予定作成9

カレンダーに予定を入れる方法ーその2

予定のもう一つの入力方法を紹介します。

月表示のスケジュールの場合なら入れたい日付をタップします。

今回はサンプルとして5月2日に「てすと」と予定を追加してみます。

Googleカレンダー予定作成10

日表示になりますので、予定を入れたい時間帯をタップします。

予定作成

予定入力画面になりますので、予定の件名などを入力します。今回は「てすと」と入力してみます。

Googleカレンダー予定作成12

その他の予定の関する情報を入力できたら、右上の「保存」をタップします。

Googleカレンダー予定作成13

スケジュール画面に入力した予定が表示されます。

無事に5月2日に「てすと」と表示されました。

Googleカレンダー予定作成14

テスト期間中など数日間に渡る予定の入れ方

テスト期間中のように何日間にも渡る予定も入力できます。

今回はサンプルとして5月1日から5月6日まで「テスト期間中」として予定を作成してみます。

上の日付はそのままにしておいて、下の日付をタップします。

長期予定入力1

5月6日を選択して、「OK」をタップします。

長期予定入力5

問題がなければ、右上の「保存」をタップします。

長期予定入力4

スケジュール画面にて、5月1日から5月6日までに渡る長い予定が表示されました。

長期予定入力6

 

予定の事前通知の設定方法

Googleカレンダーアプリを立ち上げて、まずは予定を作成します。

今回はサンプルとして4/29の14時の予定を作成して、1日前の4/28にスマホへのプッシュ通知とメールでの通知が来るように設定してみます。

グーグルカレンダー通知設定1

予定作成画面にて、ひとまず予定のタイトルを入れます。今回は「通知テスト」とします。

グーグルカレンダー通知設定2

ベルのマークが通知項目になりますので、ここで好きな時間を指定します。

通常は30分前に通知があるように設定されています。

まずは、1日前のプッシュ通知を設定します。ということで、上の時間部分をタップします。

グーグルカレンダー通知設定3

時間選択画面が表示されますので、1日前を選択します。

ここに表示されている時間以外を指定したい場合は、「カスタム」をタップします。

グーグルカレンダー通知設定5

これで1日前のプッシュ通知の設定は完了です。

併せて、1日前にメールで通知が来るように設定します。

デフォルトで設定されている下の「30分前にSMSで通知」の方をタップします。もしくは「別の通知を追加」でも可能です。

グーグルカレンダー通知設定5

時間変更画面が表示されますので、通知方法をメールに指定する必要があるので「カスタム」をタップします。

グーグルカレンダー通知設定6

カスタム通知設定画面が表示されますので、今回は1日前と指定します。

次に、通知方法としてメールを選択して「完了」ボタンをタップします。

グーグルカレンダー通知設定7

最後に右上の「保存」をタップすれば、設定完了です。

これで1日前にプッシュ通知とメール通知で予定のお知らせが来ます。

グーグルカレンダー通知設定8

プッシュ通知の例

プッシュ通知は予定のちょうど1日前に、スマホの画面上に予定のお知らせが表示されます。

外出先などスマホを持っている時は、これで明日の予定を思い出したりできます。

プッシュ通知

メール通知の例

メール通知の場合なら、予定のちょうど1日前に、Googleアカウントで指定しているメールアドレス宛に通知メールが届きます。

Gmailならどこでもどんなデバイスでも確認できますので、スマホが使えない環境では非常に助かります。

メール通知

まとめ

Googleカレンダーはシンプルで使いやすく、入力方法も何通りかありますので、基本的な入力方法に慣れたら、もっとショートカット的な入力方法を使いこなせるともっと便利になります。

超基本的なスケジュールの表示の切り替え方は下記の記事を参考にしてください。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - Googleカレンダー, Googleサービス