ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

コスパが高いarrows M02/RM02!スペック比較と評判とレビュー

      2016/10/02

Pocket

富士通のarrows M02/RM02は、コストパフォマンスの高い国産スマホ

auから楽天モバイルにMNPすることになり、iPhone5からAndroidスマホへ乗り換える事にしました。

当時は、ソニーのXPERIA J1に心惹かれる部分もありましたが、端末費用が59,184円とダントツに高く、この値段だと楽天モバイルに乗り換える意味が薄れてしまいます。

かといって台湾製というのも、なかなか踏みきる勇気もなく、国産で一番安い富士通製の楽天モバイル用端末アローズ RM02のブラックにしました。

ちなみに、楽天モバイルのRM02は、他のMVNOのarrows M02と品番が違うだけの同じ機種になります。

simフリー版のarrows M02は、アマゾン等で購入できます。

FARM06006 [arrows M02 黒]

 

スポンサードリンク

arrows M02の特徴

arrows M02は、ミドルスペックのスマホなので、特別な機能は少ないのですが、国産スマホならではの機能があります。

5.0インチの有機ELディスプレイを搭載しているので、高コントラストで見やすい。

有機EL

 

MIL規格14項目準拠しているので耐久性に優れ、防水・防塵仕様なので、日常で使う限りでは安心です。

MIL規格

 

背面にFelicaを搭載していて、おサイフケータイに対応しているので、モバイルSuica、モバイルWAON、楽天Edy、QUICPay モバイル、ローソンモバイルPontaなどが使えます。(2016年4月1日現在)

SIMフリー機では珍しくモバイルSuicaに対応している点は評価できます。

おサイフケータイ

 

文字入力として、Super ATOK ULTIASを標準でインストールされているので、日本語の入力変換予測に優れていて、非常に便利です。

ATOK

 

arrows M02の実機レポート

手にしてみて、外観部分でiPhone5と違う部分も多いので、その辺りを写真で紹介します。

arrows RM02を手にした感じ

 

男なら片手で操作できそうな大きさです。保護フィルム装着済みの画面です。

arrows RM02とiPhone5と比較

 

比較してみると、やはり5.0インチは画面が大きい。厚みはiPhoen5と同じぐらい。

背面

 

背面には富士通のロゴがあります。端末の説明シールが貼られています。

上部のイヤフォンジャック

 

本体の上部にイヤフォンジャックがあります。キャップ無しですが、防水対応されているそうです。

左側面のSIMとマイクロSDカードスロット

 

左側面に蓋付きのSIMカードとマイクロSDカードスロットがありますが、男性の指だとややSIMカードが差しづらいかも。

電源ボタンはこのスロットの真下にあります。

メインメモリは16GBですが、マイクロSDカードで増設ができるのは、嬉しいです。これで、iPodに入れていた音楽や動画を入れて持ち歩けます。

メーカー保証では、最大で32GBまで認識できるとの事です。

下部のマイクロUSBスロット

 

下部にはマイクロUSBスロットがあります。こちらも蓋付きです。iPhoneになれてると、この蓋が邪魔です。

iPhoneを2年使い続けてきたので、ハード面でいうと電源ボタンの場所が違うので、最初は非常に戸惑います。

HOMEボタンを押そうとして、ついついその辺りのFUJITSUのロゴを押してしまいました。慣れてくると、いつのまにか違和感もなくなりました。

しかし、マイクロUSBについては、Nexus7でも使っていましたが、構造的に脆い感じがあるので、何度も指しているとスカスカのグラグラにならないかと心配になります。

ただ、この機種には充電器(クレードル)が付いております。

 

付属の充電器(クレードル)がとても便利!

いつ以来でしょうか。ガラケーでもお見かけしなくなったクレードルが付いてきました。

場所はとりますが、充電の際に乗せるだけでいいというのは、やっぱり便利です。

ケーブルを挿す行為も意外と面倒だと気付きました。

クレードル

カシャッという着脱の感じは個人的には好きです。

この充電器に合わせたスマホケースにしています。

arrows M02とiPhone5のスペックを比較

当初は、最安の国産機と侮っていましたが、スペックを比較してみると、iPhone5と大きく違いはありませんでした。

メインメモリが2GBあるので、arrowsの方が少し優れていると思います。

このスペックで楽天モバイルなら29,800円(税込32,184円)です。かなり、コストパフォマンスは高いと思います。

  arrows RM02arrows M02 iPhone5iPhone 5
メーカー FUJITSU Apple
プラットフォーム Android™ 5.1 iOS
プロセッサー
動作周波数
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Apple A6
1.3GHz
画面サイズ 5.0インチ有機EL
720×1,280ドット HD
4インチ、
1136×640ドット
メインメモリ 2GB 1GB
記録装置 16GB
マイクロSD利用可
16GB~
カメラ メイン:約810万
フロント:約240万
メイン:800万
フロント:120万
バッテリー容量 2,330mAh  –
サイズ 幅141mm
奥68.9mm
厚8.9mm
幅123.8mm
奥58.6mm
厚7.6mm
質量 約149g 約112g
SIMサイズ nano SIM nano SIM
カラー ゴールド
ブラック
ホワイト
ブラック
ホワイト
値段 29,800円(税込32,184円)
SIMフリー版:39,800円(税抜)
なし

まとめ

スペック的にiPhone5と変わらず、防水防塵におサイフケータイがあり、充電器も付いてきて、約30,000円であれば、コストパフォーマンスは高いです。

なので、価格ドットコムのSIMフリースマホのランキングでも長らく上位に入っていました。

楽天モバイルでなくても、格安SIMで使うならこのarrows M02がオススメです。アマゾン等でSIMフリー版のarrows M02も販売されています。

 

 - arrows RM02/M02, SIMフリースマホ ,