ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

毎月500MB無料SIM!?「デジモノステーション2月号」の0SIM by So-netをゲット

      2016/01/07

Pocket

毎月500MBまで無料の「0SIM by So-net」を手に入れてみた

Facebookのタイムラインでデジモノステーション2016年2月号の付録に毎月500MBまで無料で使えるデータSIMが付いてくるという記事を見つけまして。

当サイトは、家計に優しいWEBサービスを紹介をテーマにしているので、これは手に入れておかないとと思い、本屋やコンビニを数件回って入手しました。

dmono1

アマゾンなどのオンライン書店ではすでに売り切れでしたので、運良くという感じでしょうか。

このSIMのサービスの詳細は下記の通りです。

【0SIM by So-net】 詳細
形状:nanoSIM 規格:0SIM by So-net 種類:データ通信専用
データ量と料金(2段階定額)
0MB~499MB:0円
500MB ~ 2047MB:100円~1500円
2048MB ~:1600円
速度制限:なし(ただし5GBまで)/ NTTドコモ 4G LTE(下り最大225Mbps)
開通期限:2016年2月24日

料金表デジモノステーション

付録のコラボSIMカードの開封の儀

表紙裏に付録のSIMカードが密封されておりました。

デジモノステーション2月号2

で、一応、開封の儀。当然のようにdocomoの台紙です。

デジモノステーション2月号3

今使っている楽天モバイルでの契約時も、心斎橋店でスタッフさんにSIMの差し込みをお願いしたので、生SIMを見るのは初めてです。

0SIM by So-netのメリット

  1. 初期手数料無料
  2. 毎月500MB未満まで何ヶ月も無料
  3. NTTドコモのLTE回線使用
  4. コラボ企画の開通特典

初期手数料が無料なので、すぐに試しに始められて、毎月500MB未満までなら無料で使えるのがポイントです。

また、500MBを超えた場合は、2GBまでなら、100MB=100円の使った分だけの使用料となって、2GBを超えて5GB未満までは1600円の定額使用料となります。最大でも1600円を超えないので、使いすぎないので、安全といえば安全です。

このSIMの一番のポイントは、一般の格安SIMは、安くても必ず月額の固定の使用料が発生しますが、「0SIM by So-net」の場合は、500MBを超えた月だけ、使ったデータ量分の使用料が発生するので、支払い額は柔軟になります。

使わなかった月は支払いが発生しないのは、かなりお得です。

0SIM by So-netの制限事項

  1. データSIMなので通話はできないので、注意が必要です。
  2. So-netの動作検証済み対応端末一覧:スマートフォンのページで確認ください。
  3. 2016年2月24日までに開通しないと失効します。
  4. 最終使用日から3ヶ月連続でデータ通信が無い場合は自動解約になるそうです。
  5. 利用開始には、クレジットカードの登録が必要です。

ちなみに、私の手持のスマホはarrows RM02は検証外でしたので、まずは確認をおすすめします。

まとめ

毎月500MBまで無料で、それを超えた場合は使った分だけ払うシステムは、とてもお得です。

今まで、自宅のWiFi環境内でしか使えなかった機種変後のドコモ系のスマホや、SIM対応のタブレットがあれば、このSIMを使ってセカンド端末として、有効活用できます。

うまく使いこなせば、かなりお得なサービスです。

デジモノステーション 2016年02月

 - SIMフリースマホ