法人向けSIMフリー機ARROWS M357登場!arrows M03と比較してみた。

arrows m357

法人向けSIMフリー機ARROWS M357をarrows M03と比較

富士通コネクテッドテクノロジーズは、arrows M03の好調な売れ行きから、国産スマホの需要は底堅くあると判断したのか、arrows M03をベースにした法人向けSIMフリー機のARROWS M357を12月にリリースするようです。

M357

 

基本性能は、arrows M03と同じようですが、ビジネス向けに調整がされているようです。

M357の特徴としては、まず工場や病院など広いエリアでの移動時でも通話が切れないように、Wi-Fiハンドオーバーに対応しているようです。

お客様の利用環境に応じてアクセスポイントを切り替えるWi-Fi電波強度を設定することで、移動時にもVoIP通話が安定して継続できるWi-Fiハンドオーバーに対応しています。無線LANでVoIP通話中に移動しても、利用者が意識することなくアクセスポイントが自動的に切り替わるので、例えば倉庫や病院など広い場所を移動しながらでも通話が継続できます

ARROWS M357サイトより

また、化学工場などでも使えるように対応薬品(エタノール、IPA、次亜塩素酸ナトリウム)に対しての薬品耐性を備えているようです。

倉庫内作業や配送業務などでも使えるように、軍手や手袋での操作にも対応するようです。

ただ、ARROWS M357のサイトを見る限りでは、ワンセグには非対応のようです。まあ、ビジネス向けなので当たり前と言えば当たり前かと。

arrows M03の機能やスペックは下記の記事を参考にしてください。

[blogcard url=”https://weblife-balance.com/arrowsm03_spec/”]

 

スポンサードリンク
[adsense]

 

ARROWS M357とarrows M03のスペック比較表

arrows M03と比較をしてみましたが、スペック的にはほぼ同じです。

違いは法人向けにソフトをカスタマイズできる点が大きなポイントです。

社員証の入室許可システムの代わりに搭載されているFelicaの機能も使えます。

高機能なゲームをするわけでもないので、CPUのスペック等はこれぐらいで充分だと思います。

 M357ARROWS M357arrows m03arrows M03
メーカー富士通富士通
プラットフォームAndroid 6.0Android 6.0
プロセッサー
動作周波数
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
画面サイズ5.0インチ IPS
1,280×720ドット HD
5.0インチ IPS
1,280×720ドット HD
メインメモリ2GB2GB
記録装置16GB
マイクロSD(200GB)
16GB
マイクロSD(200GB)
カメラメイン:約1,310万
フロント:約500万
メイン:約1,310万
フロント:約500万
バッテリー容量2,580mAh2,580mAh
サイズ高144mm
幅72mm
厚7.8mm
高144mm
幅72mm
厚7.8mm
質量約141g約141g
ワンセグ -
おサイフケータイ
防水・防塵対応
SIMサイズnano SIMnano SIM
カラーブラックシャンパンゴールド
ピンク
ブラック
ホワイト
値段49,800円(税抜)32,800円(税抜)

 

カスタムメイドプラスサービス

法人向けという事で、利用目的に合わせて、ソフト等をカスタマイズしてくれたり、初期設定等も、富士通側で対応してくれるサービスが用意されています。

富士通的には、この部分が一番売りたい部分でしょうね。

詳細は、富士通 FMWORLD(法人)を参照ください。

サービス名サービス概要型名希望小売価格(税別)
マスタ開発(Android™)基本お客様ご指定の設定やアプリケーションを組み込んだ専用マスタを作成します。FARACPD05120,000円 / 1設定パターン
マスタ開発(Android™)追加無線LAN登録やアプリ追加など、個別料金を申し受ける項目です。FARACPD0620,000円 / 追加1設定
マスタインストール(Android™)お客様専用マスタをインストールします。FARACPM062,500円 / 台
個別設定(Android™)端末1台毎に、ご指定の設定を行います。FARACPS061,800円 / 台
I/O組込み(Android™)SIMカード等のI/O機器を組み込みます。FARACPP061,000円 / 台
ラベル作成(Android™)資産管理番号等、ご指定のラベルを作成します。FARACPL00500円 / 台
ラベル貼付(Android™)資産管理ラベル等、ご指定のラベルを貼付します。FARACPR00500円 / 台
添付品カスタマイズ(Android™)お客様ご指定の添付品を追加、削除します。FARACPT001,000円 / 台
情報リスト作成(Android™)MACアドレスなどの装置個別情報のリストを作成します。FARACPJ00500円 / 台

まとめ

機密情報を扱うビジネス向けのスマホに、中華系や韓国系を使うのは少しセキュリティ上の怖さは、どうしてもあります。

以前、中華系のスマホにバックドアが仕掛けられていた事もあるので、法人向けには国産かiPhoneがオススメだと思います。

国産のスマホが日本市場から淘汰されないように頑張って欲しいものです。

外観も機能もほぼarrows M03と同じで、OSもAndroid6なので、スクリーンショットの撮り方やデータの移動の方法などは、このサイトで紹介しているものを参考にしてもらえそうです。

Sponsored Link

Sponsored Link