ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

arrows M03用充電スタンドのレビュー! LIHOULAI arrows M03 卓上ホルダー

   

Pocket

LIHOULAIのarrows M03用充電スタンドのレビュー

arrows M03には、前機種で非常に便利だった充電スタンド(クレードル)が付属していません。

arrows M02の頃は、充電ケーブルをいちいち挿すこと無く、充電スタンドに置くだけで充電ができていたので、非常に便利でした。

今は、micro USBケーブルを直挿しして、充電をしています。

そんな時に、このサイトのお問い合わせ経由で、市販のarrows M03用の充電スタンドの存在を教えていただきました。(ありがとうございます。)

ということで、arrows M03用の充電スタンドを購入してみましたので、レビューしたいと思います。

スポンサードリンク

 

LIHOULAIのarrows M03用充電スタンド

実際は、TEMEIというメーカーのUniversal Charging Cradleという商品名のようです。

たぶん、中国製品の輸入品かと思います。

箱の中身は、充電スタンド本体と、micro USBケーブルの2つです。

電源アダプターは別途用意する必要がありますので注意してください。

充電スタンド1

 

arrows M03を置くホルダー部分の真ん中に、micro USB端子が飛び出ています。

ここに挿すようにしてarrows M03を載せると、少し端子が沈み込んで、両側の出っ張りで支える形になるようです。

充電スタンド2

 

充電スタンドの裏側です。micro USB端子があるので、ここに付属のケーブルを刺します。

充電スタンド3

 

micro USBケーブルを挿すと、このような感じになります。

充電スタンド4

 

充電スタンドに、実際にarrows M03を置いてみました。

micro USB端子が小さい上、固い感じで、少し挿しにくい印象です。

抜く時も少し固い感じがしました。

充電スタンド5

 

まとめ

arrows M02の場合は、micro USB端子を使わずに、背面に充電スタンド用の端子があったので、充電スタンドに置くだけで、すごく便利でした。

しかし、arrows M03は防水性の強化のためか、背面の端子がなくなってしまったので、micro USB端子に直挿しするしか、充電の方法はありません。

充電スタンドを使うならば、この製品のように、micro USBが飛び出したスタイルしかないようです。

尚、このスタイルの充電スタンドの場合は、スマホを置く時に、端子がつぶれないように丁寧に扱う事をおすすめします。

 

LIHOULAI arrows M03 卓上ホルダー

 - arrows M03, アクセサリー