ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

コスパの高さが魅力!ASUS ZenFone Goのスペック比較とレビュー

      2016/07/16

コスパの高さが魅力のZenFoneシリーズの最新機種ASUS ZenFone Go

格安SIMでよく販売されているのが、ASUS製のスマホのZenFoneシリーズです。

高いスペックの割に安い値段で購入できるためとても人気があります。

そして、ZenFoneシリーズの新機種ZenFone Goがリリースされ、楽天モバイルでも販売が始まりました。

battery2

スペックの内容的にはミドルスペックで、国産スマホやiPhoneと比べて、非常に手頃な値段で販売されています。

価格.comでのSIMフリーランキング(2016/5/8付)でTOPになっています。

どれぐらいコストパフォマンスがいいのかを、価格.comのランキングで人気上位にいるミドルスペックのarrows M02とiPhone SEと比較をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

 

ZenFone™ Go、arrows M02、iPhone SEの比較表

ZenFone™ Goと値段や性能と人気の面でライバルになるarrows RM02/M02とiPhone SEのスペックを比較表にまとめました。

 

  arrowsrm02arrows RM02/M02 iPhone SEiPhone SE pic_lb_asus-zenfone-go_01ZenFone Go
メーカー 富士通 Apple  ASUS
プラットフォーム Android 5.1 iOS Android 5.1.1
プロセッサー
動作周波数
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Apple A9、M9
1.85GHz
Qualcomm® Snapdragon™ 400
クアッドコアCPU 1.4GHz
画面サイズ 約5.0インチ有機EL
1,280×720ドット HD
4インチ
1136×640ドット
5.5インチ、
1,280×720ドット HD
メインメモリ 2GB 2GB 2GB
記録装置 16GB
マイクロSD利用可
16GB/64GB 16GB
マイクロSD利用可
カメラ メイン:約810万
フロント:約240万
メイン:1200万
フロント:120万
メイン:800万
フロント:500万
バッテリー容量 2,330mAh  – 3,010mAh
サイズ 幅141mm
奥68.9mm
厚8.9mm
幅123.8mm
奥58.6mm
厚7.6mm
幅151mm
奥76.9mm
厚10.7mm
質量 約149g 約113g 約160g
SIMサイズ nano SIM nano SIM microSIM×2
カラー ゴールド
ブラック
ホワイト
ローズゴールド
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
ブラック
ホワイト
ブルー
値段 楽天モバイル:29,800円(税抜) 16GB 52,800円(税抜) 16GB 19,800円(税抜)

まとめ

プロセッサやカメラ性能はiPhone SEがダントツに高い性能なのですが、値段もダントツに高いので、コストパフォマンスという点ではiPhone SEは、iPhoneシリーズの中ではコスパは高いですが、中華系と比較すると割高に見えてしまいます。

国産のarrows RM02/M02と比較してみると、プロセッサやバッテリ容量、デュアルSIMなど、ほとんどの機能において、少しずつ高めになっています。

その上で、値段が1万円ほど安くなっているので、中華系であるという点を気にしなければ、非常にコスパは高いです。

ただ、防水性や防塵性、おサイフケータイには対応していないので、その点ではarrows RM02/M02に軍配が上がります。

しかし、そこにこだわりが無ければ、ZenFone™ Goはコスパの高いオススメ機種です。

またZenfone goとは違って、ハイスペックモデルなのが最新機種のZenfone 3です。

コスパよりも高機能に拘るなら、こちらをおすすめします。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 - arrows RM02/M02, ASUS ZenFoneシリーズ