ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

ソフトバンク回線のU-mobile SUPERとY!mobileのかけ放題を比較

      2016/06/15

U-mobile

ソフトバンク回線のU-mobile SUPERとY!mobileのかけ放題サービスを比較

格安SIMのU-mobileが、ソフトバンク回線を利用したMVNOサービスを、「U-mobile SUPER」というブランドとして、展開を開始します。

実際にはソフトバンク回線を利用しているY!mobile回線を利用したものになります。

サービス内容が、今の段階では、1GB、3GB、7GBプランに10分以内なら300回まで無料になるかけ放題が含まれた内容となっていて、ほとんどY!mobileのサービス内容と基本的に準じています。

ということで、U-mobile SUPERとY!mobileのサービス内容を比較してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

U-mobile SUPERとY!mobileのサービス内容を比較

U-mobile SUPERとY!mobileに楽天モバイルのかけ放題サービスを音声つきSIMの3GBプランにて料金を比較してみました。

U-mobile SUPERとY!mobileは、かけ放題を含んだ料金プランで、サービス内容が10分間の通話が1ヶ月300回となっています。

楽天モバイルは、3GB通話SIMプランの料金に、5分かけ放題の料金をプラスします。

  U-mobile ワイモバイルロゴ 楽天モバイルロゴ
3GBクラス 3,980円 3,980円 3.1GB:1,600円
かけ放題サービス プラン内で1回10分間の通話が1ヶ月300回まで無料
10分以降は30秒20円
プラン内で1回10分間の通話が1ヶ月300回まで無料
10分以降は30秒20円
月額850円で5分間の通話が何度でも
5分以降は30秒10円
合計費用 3,980円 3,980円 2,450円
対象通話 固定電話、携帯電話、IP電話、PHSへの発信
通話アプリ 使用しない 使用しない 「楽天でんわ」を使用する

※金額はすべて税抜きです。

通信エリア

楽天モバイルはdocomo回線を使っているので、ドコモと同様に通信エリアは山間部や離島でも問題がないです。

U-mobile SUPERは、Y!mobileの回線を利用するため、Y!mobileと同じく、Softbank回線と旧イーモバイル回線を利用します。かなりの広いエリアをカバーできるようですが、一部の山間部や離島などで電波が入らないエリアが出てくる可能性があります。

都市部での利用なら、どちらでも差はないでしょう。まあ、docomoを使い慣れている人には楽天モバイルの方が、安心できてオススメででしょう。

 

プレフィックス番号と専用アプリ

プレフィックス番号とは電話番号の先頭に特定の数字を付けて通信することで、通常よりも割安の通話料で電話が掛けられるものです。

楽天モバイルは、専用のアプリを通じて、電話を掛ける時に、相手先の電話番号にプレフィックス番号を付与して、通話を行います。

たぶん、U-mobile SUPERもワイモバイルと同様に、プレフィックス番号を使わないで、通常の電話と同じ方法で通話を行いつつ、かけ放題サービスを提供すると思われます。

まとめ

U-mobile SUPERとY!mobileのかけ放題を含めた料金プランは全く同じですね。

料金だけをみると楽天モバイルが安いのですが、通信速度という面でみると、ワイモバイルが独自の回線を保持しているため、回線を借りている楽天モバイルなどの格安SIMよりも早くて安定しています。

そういう点を考慮すると、ワイモバイルを選ぶ価値はあると思います。

しかし、U-mobile SUPERは、ワイモバイルの回線を利用したMVNOにあたるので、他の格安SIMと同様に速度の低下が発生する可能性はあります。

そうなると、今のところ割引キャンペーン等が多いY!mobileとの料金面での差別化ができていないので、サービスを開始しても、かなり厳しいと思います。

U-mobile SUPERは、今後のキャンペーン次第という感じです。

 - U-mobile, Y!mobile, 楽天モバイル&格安SIM