ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

楽天モバイルに20GB、30GB大容量プラン登場!イオンモバイルと料金比較してみた

   

大容量プラン

楽天モバイルの20GB、30GB大容量プランをイオンモバイルと料金比較

DocomoやSoftbankなどの携帯キャリアの大容量プランに対抗するサービスを楽天モバイルもリリースしました。

3キャリアがほぼ同じ価格で、20GB+5分かけ放題で8,000円、30GB+5分かけ放題で10,000円に設定しています。

一方、格安SIM業界で、ガチンコで携帯キャリアとサービス内容で勝負をしてきた楽天モバイルは、20GB+5分かけ放題で5,600円、30GB+5分かけ放題で7,000円と、ほぼ、30%割引のサービス内容です。

しかも、Docomo等と違って、テザリング手数料が無料です。外出先でルーター代わりに使うことを考えると、とても助かります。

大容量2

しかし、通信速度は、どうしても携帯キャリアには敵わないので、その点を踏まえた上で、この値段をどう捉えるかだと思います。

楽天モバイルだと楽天ポイントが貯まるので、その点ではオススメです。

楽天モバイルのライバルは携帯キャリアだけでなく、同じMVNOともしのぎを削っています。

そこで、20GB、30GBプランをリリースしているイオンモバイルと料金を比較してみたいと思います。

スポンサードリンク

 

楽天モバイルとイオンモバイルの料金を比較

小容量のプランでは、イオンモバイルの方が安い料金設定になっていますが、大容量プランになると、楽天モバイルの方が安い料金設定になっています。

しかも、SMSなしのデータ通信プランは、かなり安くなっています。ルーターとして使うなら非常にお得感があります。

 

通話SIMプラン

  楽天モバイルロゴ イオンモバイル
20GB 4,750円(税抜) 4,980円(税抜)
30GB 6,150円(税抜) 6,980円(税抜)

 

データ通信プラン(SMSなし)

  楽天モバイルロゴ イオンモバイル
20GB 4,050円(税抜) 4,480円(税抜)
30GB 5,450円(税抜) 6,480円(税抜)

 

まとめ

楽天モバイルは、auやドコモのサービスに対して、攻めの姿勢でサービスをリリースして対抗しています。

また、同じ格安SIM各社のサービスにも対抗していて、もうすぐ余ったデータのシェアサービスをリリースされます。

データシェアサービスが始まれば、この大容量プランが、とても使いやすいものになると思います。

データは意外と余るものなので、家族で1人だけ大容量プランにしておいて、余ったデータをシェアしていけば、効率的に使え、家計にも優しそうです。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 楽天モバイル, 通信費と他社比較