ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

低速通信でも大丈夫!楽天モバイルの低速データ通信でもポケモンGOはできた

   

楽天モバイルの低速データ通信でもポケモンGOはできる

格安SIMでポケモンGOをする時に気になるのは、通信データ容量です。

キャリアからMNPする方は、3.1GBや5GB辺りのプランで契約している人が多いと思います。

現在、私も楽天モバイルの3.1GBプランを契約しています。

ポケモンGO34

 

この3.1GBの容量オーバーも心配ですが、楽天モバイルは3日間の容量制限がありますので、3日間で540MBを超えると速度制限が掛かるので、ポケモンGOをするにしても、出来る限りデータ容量を節約したいものです。

楽天モバイルには、高速データ通信から、200kbpsの低速データ通信への切替機能があります。

手動で低速モードに切り替えた場合には、高速データ通信の容量を消費しないで、インターネットに接続できるようです。

ただ、楽天モバイルは低速モードにしても高速データ通信容量としてカウントされるという情報もあるので、今回、実際に楽天モバイルの低速モードでポケモンGOを2時間ほどプレイしてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

3~4時間プレイした場合の通信データ消費量とバッテリーの消費量

楽天モバイルアプリを立ち上げます。

楽天モバイルアプリ画面の「高速データ通信」横のスイッチをタップしてオフにします。

午前9時11分という通勤の混雑する時間を少し過ぎたぐらいに、低速通信モードに切替えしました。

楽天モバイルアプリ

 

それから2時間ほどポケモンGOをプレイしました。

低速モードでも地図はちゃんと表示されました。

ポケモンGO31

 

無事にポケモンも現れて、捕獲もできました。

「11:00」ごろにドククラゲをGETしました。ただ、低速モードのためか仮想モードでの表示です。

ポケモンGO32

 

ポケスポットも地図に表示され、アイテムもGETできます。

ただ、スポットの写真の表示が遅いです。

ポケモンGO33

 

プレイ始めてから、2時間30分ぐらいでポケモンを10匹ほど捕獲しました。(歯医者での待ち合いの時間つぶしに利用)

11時45分に楽天モバイルアプリを確認すると、ちゃんと高速データ通信はOFFのままです。

ポケモンGO34

 

直近3日間の画面で、本日のデータ消費量を確認すると「0MB」となっていました。

低速モードでゲームがプレイできていたので、本日は、まだ高速データ通信容量は消費していません。

そして、問題なく低速モードでポケモンGOをプレイできました。

Screenshot_2016-07-25-11-45-50

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、時間帯的に混雑する時間ではなかったので、低速モードでもプレイできたのかもしれません。(混雑時の検証が必要です)

ただ、その時間から外れていると低速モードでもポケモンGOをちゃんとプレイできる事が分かりましたので、低速モードを上手に使うことで、データ容量の節約ができそうです、

データ容量の節約はできそうなのですが、やはりバッテリーの消費スピードは尋常ではないです。

なので、予備のモバイルバッテリーを持っていくことをおすすめします。

今は、モバイルバッテリーもお手頃な値段で、そこそこの容量のものが販売されています。

私が使っているcheeroのPower Plus 3 miniは 容量が6700mAhは、値段も安くオススメのモバイルバッテリーです。

cheero Power Plus 3 mini 6700mAh 大容量 モバイルバッテリー [ 国産Sanyo/Panasonic 高品質電池搭載 ]

 - その他, ゲーム