ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

スペック比較!arrows M02とAQUOS SH-RM02など楽天モバイルのスマホ4機種

      2016/09/05

Pocket

楽天モバイルのミドルスペックの4機種のスペック比較

楽天モバイルのミドルスペック機種であるAQUOS SH-RM02、arrows M02、Desire626、Liquid Z330の4機種は、値段もお手頃で、コストパフォマンスが高い上、販売開始から、そろそろ一年が見えてきまして、最近では割引キャンペーンの対象となる事が増えてきました。

そこで、比較しやすいようにスペック表を並べてみました。

  aquos-shrm02AQUOS SH-RM02 arrowsrm02arrows M02 desire626Desire626 liquid-z330Liquid Z330
メーカー SHARP FUJITSU HTC Acer
日本 日本 台湾 台湾
プラットフォーム Android™ 5.0 Android™ 5.1 Android™ 5.1 Android™ 5.1
プロセッサー
動作周波数
Qualcomm MSM8926
クアッドコア 1.2GHz
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Qualcomm MSM 8916
クアッドコア 1.2GHz
Qualcomm  MSM8909
クアッドコア 1.1 GHz
画面サイズ 約5.0インチTFT
720×1,280ドット HD
約5.0インチ有機EL
720×1,280ドット HD
約5.0インチ Super LCD2
1,280×720ドット HD
4.5インチ
854×480ドット
メインメモリ 2GB 2GB 2GB 1GB
記録装置 32GB 16GB 16GB 8GB
カメラ メイン:約1,310万
フロント:約210万
メイン:約810万
フロント:約240万
メイン:約1,300万
フロント:約500万
メイン:500万
フロント:500万
バッテリー容量 2450mAh 2,330mAh 2,000mAh 2,000mAh
サイズ 幅134mm
奥71mm
厚9.9mm
幅141mm
奥68.9mm
厚8.9mm
幅146.9mm
奥70.9mm
厚8.19mm
幅136mm
奥66.5mm
厚9.6mm
質量 約145g 約149g 140g 約145g
SIMサイズ nano SIM nano SIM nano SIM マイクロSIM
その他 防水・防塵対応
おサイフケータイ対応
防水・防塵対応
おサイフケータイ対応
   
カラー レッド
ゴールド
ホワイト
ネイビー
ゴールド
ブラック
ホワイト
ホワイト
ピンク
ブラック
ブラック
ホワイト
値段 39,800円(税込42,984円) 29,800円(税込32,184円) 27,800円(税込30,024円) 12,000円(税込12,960円)

スポンサードリンク

安さを追求するならAcerのLiguid Z330

安さを追求するならAcerのLiguid Z330です。

プロセッサが古く、メインカメラも500万画素と、スペックは他の3機種と比べるとやや低いのですが、ダントツの低価格です。

スマホとしての基本的な機能は装備されているので、初めてスマホを持つ方や、連絡用として持っておくだけならこちらがオススメです。

Liguid Z330

 

IPS技術を用いた液晶画面は、どの角度から見ても画面は鮮やかです。

Z330

コストパフォマンスで選ぶならHTCのDesire626

コストパフォマンスで選ぶならHTCのDesire626です。

人気機種のarrows RM02とほぼ同スペックながら、メインカメラに1300万画素、自撮り用に500万画素のカメラを備えていて、27,800円とarrows RM02よりも低価格です。

安くて、カメラの性能に拘りたいかたにはオススメの機種です。

Desire626

 

独自のHTC Sense UIを採用しています。

Desire620画面

 

高いスペックならSHARPのAQUOS AH-RM02

高いスペックで日本製を考えるならSHARPのAQUOS AH-RM02です。

4機種の中では、最新のプロセッサを使い、バッテリー容量も大きく、記録装置も32GBを備えています。

そして、メインカメラが1,310万画素なので、高画質な写真も撮れます。

国産ならではの防水・防塵機能もあり、おサイフケータイに対応していますので、スペックが高めがいい方にはオススメ機種です。

AQUOS AH-RM02

 

液晶のシャープ独自のバックライト&カラーフィルタ「S-PureLED」によって、自然に近い色合いを表現できるようになっています。

S-PureLED

 

国産で値段と機能のバランスが良いのはFUJITSUのarrows M02

上記3機のちょうど間のほどほどの機能でほどほどの値段で日本製なのが、FUJITSUのarrows M02です。

私が現在、使用しているのはこれです。プロセッサも1.2GHzあるので、モタモタする事もなく快適な使い心地です。

硝子フィルム

私は、スマホのヘビーユーザーでもないのでそこまで高機能でなくてもよく、できれば日本製で手頃な値段のものを考えていたのでこれにしました。

国産でミドルスペックで、おサイフケータイや防水・防塵対応していて、この値段ならコストパフォマンスは高いです。

design03

 

MNPする前に使っていたiPhone5のスペックと比較しても、ほぼ同じぐらいの機能や数値でしたので、使っていても特に問題ありませんでした。

オススメのポイントなどをまとめて記事にしていますので、下記を参考にしてください。

しかし、当初はiPhoneから乗り換えるならハイスペックモデルのSonyのExperiaを考えてましたが、54,800円(税込59,184円)と高かったので断念しました。

それならiPhone6の在庫処分での機種変と変わらない料金になりますので。。。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - arrows RM02/M02, SIMフリースマホ, スペック比較, 楽天モバイル&格安SIM ,