ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

ダブルレンズ搭載!HUAWEI honor8をarrows M03と比較

   

honor8 1

HUAWEIのダブルレンズ搭載モデルhonor8とarrows M03を比較

楽天モバイルでの国内独占販売が決まっていたHUAWEI honor8が発売されました。

HUAWAIといえば、HUAWEI P9 liteのように、価格の割に高機能を搭載したコストパフォマンスの高いモデルが多く、格安SIM向けのSIMフリーの分野では、Zenfoneシリーズと揃って、高い評価を受けています。

そして、楽天モバイルで販売されていたhonor6 Plusの後継機として、honor8がリリースされました。

 

honor8

ということで、今回は、honor8の特徴と、同価格帯の国産スマホのarrows M03とスペックの比較をしてみます。

スポンサードリンク

 

honor8の特徴

まずは、メインカメラに1200万画素のダブルレンズを搭載し、フロントカメラも800万画素と高機能です。

近くではレーザーフォーカス、遠くは正確な被写体深度計によるフォーカス、さらにコントラストフォーカスを加えたハイブリッドフォーカスが可能です。

img_feature_01

 

背面には、指紋認証センサーを搭載しているので、セキュリティロックの解除がスピーディーにできます。

0.4秒でのロック解除、自動学習スキルセット、そして3D指紋認証と共に対応。

honor8 2

 

CPUは2.3 GHzのオクタコアで、メモリは4GBを搭載し、マルチタスクもゲームをするにもうってつけのパワーです。

honor8 3

 

 

honor8とarrows M03、HUAWEI P9 liteのスペック比較表

同じメーカーのP9 liteと比較しても、CPUやメモリはダントツにhonor8が優れています。

金額的に1万円程高いのもあると思いますが、スペック的には、コスパ重視のP9 liteよりは、ハイエンド機のP9に近いスペックを備えているようです。

ワンセグ、おサイフケータイ、防水防塵仕様については、国産スマホのarrows M03のみが対応しています。

 

  hw_481410honor8  arrows m03arrows M03 HUAWEI P9 liteP9 lite
メーカー HUAWEI 富士通 HUAWEI
プラットフォーム Android 6.0 Android 6.0 Android 6.0
プロセッサー
動作周波数
Huawei Kirin 950
オクタコア 8×2.3 GHz
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Huawei Kirin 650
オクタコア 4×2.0GHz + 4×1.7GHz
画面サイズ 5.2インチ
1,920×1,080ドット IPS
5.0インチ IPS
1,280×720ドット HD
5.2インチ
1,920×1,080ドット FHD
メインメモリ 4GB 2GB 2GB
記録装置 32GB
マイクロSD利用可
16GB
マイクロSD(200GB)
16GB
マイクロSD利用可
カメラ メイン:1,200万×2
フロント:800万
メイン:約1,310万
フロント:約500万
メイン:1,300万
フロント:800万
バッテリー容量 3,000mAh 2,580mAh 3,000mAh
サイズ 幅145.5mm
奥71mm
厚7.45mm
高144mm
幅72mm
厚7.8mm
幅146.8mm
奥72.6mm
厚7.5mm
質量 約153g 約141g 約147g
ワンセグ  –
おサイフケータイ  –
防水・防塵対応  –
SIMサイズ nano SIM nano SIM nano SIM
カラー サファイアブルー
サンライズゴールド
パールホワイト
シャンパンゴールド
ピンク
ブラック
ホワイト
ゴールド
ホワイト
ブラック
値段  42,800円(税抜) 32,800円(税抜) 28,800円(税抜)

まとめ

性能や機能の割に安いのが中華系スマホの特徴です。

年々、その傾向は強くなっていて、前年度のハイエンド機に近いスペックのスマホが、次の年には割安で買えるようになっています。

国産かそうでないかに拘りがなければ、コストパフォマンスの高いオススメの機種です。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

 - HUAWEI