ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

データ繰り越し可能になったDTI SIM!他社と料金比較してみる

   

DTI SIM

噂のDTI SIMを楽天モバイルやDMMモバイルと料金比較してみる

私も正直、このブログで格安SIMを調べるようになるまで、その存在を知りませんでしたので、一般の方にはなじみが無いかもしれません。

DTI SIMは電気通信事業者として歴史の長い株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供している格安SIMサービスです。

ドコモの通信回線を利用しているので、幅広いエリアで使えます。

また、2016年4月の段階では混雑時の通信速度も上位にランキングされています。これはユーザーが爆発的に増えた場合に遅くなる可能性はあります。

スポンサードリンク

DTI SIMと他社の料金サービス比較

今回は、DTI SIMと楽天モバイル、DMMモバイル、FREETELの4社で料金とサービスを簡単に比較してみます。

よく使われそうな3GB、5GB、10GBのデータプランで比較してみます。

  DTI SIM 楽天モバイル DMMモバイル FREETEL
3GB 1,490円 1,600円 1,500円 1,600円
5GB 1,920円 2,150円 1,910円 2,220円
10GB 2,900円 2,960円 2,890円 3,170円
データ繰り越し 有り 有り 有り 無し
(従量課金制)
通話料金 20円/30秒 10円/30秒
楽天でんわ使用
10円/30秒
DMMトーク使用
10円/30秒
FREETELでんわ使用
かけ放題 無し 有り 無し 有り
通信回線 docomo docomo docomo docomo
端末のセット販売 無し 有り 有り 有り
店舗販売 無し 有り 無し 有り

3GBプランでは、DTI SIMが今は最安値になっています。

業界最安値を売りにしているDMMモバイルと10円の激しい競争を繰り広げているようです。

まとめ

DTI SIMは、料金については格安SIMの中でも最安の部類に入ります。

ただ、通話料金やかけ放題プランが無いので、電話は使わないでデータ通信の比重が高い人に向いているようです。

かけ放題サービスについてはこの記事を参照ください。

また、DTI SIMは他の格安SIMと違って、端末のセット販売がないので、端末は自分で用意する必要があります。

動作確認済端末を確認してみると、ドコモ版のiPhone5c以降なら大丈夫のようです。

ドコモの2年縛りが終わって、2年間で電話はあまり使わなかった方には、ドコモで継続するよりも、MNPでDTI SIMに乗り換えるのをオススメします。

格安SIMなどが初めての方には、自分でSIMをスマホにセッティングする点は、心理的なハードルになるかもしれません。

そういう方には、店舗などでスタッフがセッティングしてくれる楽天モバイルやFREETELなどがオススメです。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - DTI SIM, 楽天モバイル&格安SIM, 通信費と他社比較