ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

ハンドソープで洗える!京セラのDIGNO Lのスペックを比較

      2016/07/16

京セラのSIMフリースマホのDIGNO Lはハンドソープで洗える

UQ mobileが取り扱う国産SIMフリースマホに、ハンドソープで洗える京セラのDIGNO Lが加わりました。

スマホは、手で触るものなので、手の油や汚れがついたりします。スマホカバーや液晶保護フィルムなどである程度は防げますが、カバーを外してみると、隙間からホコリが入って、固まってしまってたりします。

また、スマホでクックパッドのレシピを見ながら料理をしていて、油などで汚れるという事もよくあります。

そんな時に、水と石鹸でスマホを一気に洗えたら便利なのですが、精密電子機器のスマホには水も石鹸も大敵です。

しかし、京セラのDIGNO Lは、IPX5/8の防水性能により、ハンドソープを直接つけて洗って、そのまま水で流す事ができます。

DIGNO L

ということで、DIGNO Lの特徴とスペック比較をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

DIGNO Lの特徴

何とっても一番の特徴は、ハンドソープで洗える防水機能です。

IPX5/8の防水性能により、ライオンのキレイキレイのようなハンドソープであれば、そのまま泡で洗って水で流せます。

ただ、キッチン用洗剤や業務用ハンドソープは対象外なので、自己責任で行ってください。

メーカーから洗い方のマニュアルがあるので、そちらを参考にしてください。

DIGNO L

 

温水防水機能を搭載しているので、お風呂でワンセグでテレビを見たり音楽を聞いたりもできます。

画面が濡れたりしても操作できる液晶パネルにより、お風呂に浸かりながらも快適に操作ができます。

DINGO L防水機能

 

傷がついても安心のスクラッチヒーリングを搭載。

日常生活で発生する浅いスリキズなどは、自然に回復する塗装で、スマホの背面をコーティングしています。

スクラッチヒーリング

 

DIGNO Lと、arrows M03、HUAWEI P9 liteのスペック比較表

スペック的にはミドルスペックにあたるDIGNO Lと、国産のミドルスペック機の富士通arrows M03と中国系ミドルスペック機のHUAWEI P9 liteを比較してみました。

スペック的には、HUAWEI P9 liteに劣る部分もありますが、国産スマホとして最大の特徴は、arrows M03と同じく、ワンセグ、おサイフケータイに対応している点です。

SUICAや楽天Edyなど電子マネーが使えるのは、非常に便利です。

バッテリー容量も3,000 mAhと大きめなので、長時間でも安心して使えます。

一番、見劣りしてしまうので、自撮りをするためのフロントカメラが、200万画素とかなりスペックが低い点です。若い女性などには、ちょっと残念かもしれません。

  DIGNO LDIGNO L  arrows m03arrows M03 HUAWEI P9 liteP9 lite
メーカー 京セラ 富士通 HUAWEI
プラットフォーム Android 5.1 Android 6.0 Android™6.0
プロセッサー
動作周波数
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Huawei Kirin 650
オクタコア 4×2.0GHz + 4×1.7GHz
画面サイズ 5.0インチ
1,280×720ドット HD
5.0インチ
1,280×720ドット HD
5.2インチ
1,920×1,080ドット FHD
メインメモリ 2GB 2GB 2GB
記録装置 16GB
マイクロSD利用可
16GB
マイクロSD利用可
16GB
マイクロSD利用可
カメラ メイン:1,300万
フロント:200万
メイン:約1,310万
フロント:約500万
メイン:1,300万
フロント:800万
バッテリー容量  3,000mAh 2,580mAh 3,000mAh
サイズ 高141mm
幅71mm
厚10.1mm
高144mm
幅72mm
厚7.8mm
幅146.8mm
奥72.6mm
厚7.5mm
質量 約155g 約141g 約147g
ワンセグ
おサイフケータイ
SIMサイズ nano SIM nano SIM nano SIM
カラー コーラルピンク
カシミアホワイト
シャンパンゴールド
ピンク
ブラック
ホワイト
ゴールド
ホワイト
ブラック

まとめ

DIGNO Lは、ハンドソープで洗えるという防水機能を売りにしていて、カラーバリエーションを見ても、女性向けの印象があるのですが、なぜかフロントカメラを200万画素と低スペックにしています。

女性が自撮りが好きな気がするので、少しターゲット層にブレがある気がします。

スペック的には、他のミドルスペック機と比べても、大きな差はないので、国産のスマホが良いという方にはオススメかもしれません。

しかし、できれば、arrows M03を待ってもいいかと思います。

 - DIGNOシリーズ, SIMフリースマホ