ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

arrows SV F-03Hのレビューと評判!Fit F-01Hからデザイン性とカメラ性能がアップ

      2016/08/17

arrows SV F-03Hはデザイン性とカメラ性能が各段にアップ

昨年、ドコモで販売されたarrows Fit F-01Hは、指紋認証センサーを搭載した国産ミドルスペックのスマホとして、人気を得ました。

手頃な性能で手頃な価格という位置づけでした。

そのarrows Fit F-01Hの後継機種として、「arrows SV F-03H」がリリースされました。

ドコモの2016年夏モデルの中でコスパの高いミドルスペック機で、今回リリースされたモデルの中でも、手頃な性能に手頃な価格という位置づけです。

ということで、arrows SV F-03Hのスペックを、arrows M02/RM02と比較しながら、レビューしてみたいと思います。

ちなみに、arrows SV F-03HのSIMフリー版のarrows M03が正式にリリースされましたので、下記の記事にて購入レビューをしてます。

機能等はほとんど同じなので参考にしてください。

 

スポンサードリンク

 

arrows SV F-03Hの特徴

arrows SV F-03Hの一番の特徴は、そのデザイン性の高さだそうです。

arrows Fit F-01Hとちがって、ハードアルマイト処理のアルミ素材で、デザイン性を高めているそうで、良くも悪くも最近のスマホぽい外観に仕上がっています。

あと、カメラの性能が各段にアップしています。

アウトカメラがF2.0の超広角レンズを採用した1310万画素、インカメラが広角対応の500万画素となっていて、前機種の810万画素/240万画素から格段に向上しています。

確かに、arrows RM02/M02のカメラの性能は数年前のレベルでしたので、今回は期待できそうです。

arrows SV F-03H

 

電源ボタンの位置が左から右に変更されています。arrows M02/RM02の配置に慣れていたので、かなり戸惑いました。

arrows SV F-03H右側

 

左側にはSDカードとSIMカードスロットが並列で配置されています。前機種は上下に重なっていたので非常にSIMカードが入れづらかったです。

スタッフさん曰く、SDカードとSIMカードのスロットに関しての要望が多かったそうです。

arrows SV F-03H スロット

 

背面はガラス風のアクリル板が貼られていて、デザイン性を高めています。

今回、一番残念だったのは、arrows SV F-03Hには、充電ホルダーが付属しなくなりました。なので、背面の下部には、充電用の端子がありません。

意外と置くだけで充電できるので、非常に便利だったのですが、コストカットとユーザーあまり使ってない事で外されたそうです。

残念ですが、これによって、前機種と違って、arrows SV F-03Hのスマホカバーなどのアクセサリーは、すべてarrows M03/RM03に使えます

arrows SV F-03H背面

 

カメラのソフトがバージョンアップして、メニューを開かずに自撮りをできるようになりました。

左下のカメラ切替ボタンをタップすればOKです。

arrows SV F-03H自撮り

 

ワンセグにも対応したので、右上にアンテナが搭載されています。

arrows SV F-03Hワンセグ

アンテナが可動するので、横向きでテレビを見る事もできます。

arrows SV F-03Hワンセグ

 

ちなみに、arrows SV F-03Hは国産という事で、設計・開発・生産を、兵庫県の加東市の富士通工場にて行われているようです。

純粋な国産スマホが少ないご時世なので、この点もarrowsシリーズのオススメポイントです。

arrows SV F-03Hとarrows M03のスペック比較表

arrows SV F-03Hとarrows RM02/M02で変更点は太字にしています。

今回から、ワンセグに対応しています。地震などの災害時にスマホでテレビからの情報が得れるのは、非常に重要であると、東日本大震災での経験から対応が決まったそうです。

  arrows SV F-03Harrows SV F-03H arrowsrm02arrows RM02/M02
メーカー  富士通  富士通
プラットフォーム Android™ 6.0  Android™ 5.1
プロセッサー
動作周波数
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
画面サイズ 5.0インチ、
1,280×720ドット HD
 約5.0インチ有機EL
1,280×720ドット HD
メインメモリ 2GB  2GB
記録装置 16GB
マイクロSD利用可
 16GB
マイクロSD利用可
カメラ メイン:約1310万
フロント:約500万
メイン:約810万
フロント:約240万
バッテリー容量 2,580mAh  2,330mAh
サイズ 高144mm
幅72mm
厚7.8mm
 幅141mm
奥68.9mm
厚8.9mm
質量 約140g  約149g
ワンセグ
SIMサイズ nano SIM  nano SIM
カラー White
Black
Gold
ゴールド
ブラック
ホワイト

 

arrows SV F-03Hの機能やアクセサリー

arrows SV F-03Hとarrows M03は同じ機種の品番違いになるので、機能や設定方法を下記の記事で紹介してます。

スマホケースや液晶保護フィルムなどアクセサリー関係も同じものですので、参考にしてください。

 

まとめ

スペック表を見る限り、ワンセグ対応とカメラ性能を除くと、arrows SV F-03Hとarrows RM02/M02には外観のデザイン以外には大きな差はなさそうです。

今回も、水、防塵、耐衝撃、耐振動、耐塩水など14項目において高耐久の指標となるMIL規格をクリアして、おサイフケータイにも対応しています。

プロセッサやメモリの部分に変化がないのは残念ですが、カメラの性能アップは少しうれしいです。

ただ、やはり充電器が付属しなくなったのは非常に残念です。別売り対応して欲しかった。

 

ちなみに、arrows SV F-03Hとarrows M03は同じ機種の品番違いになるので、機能や設定方法を下記の記事で紹介してます。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - arrows SV F-03H, SIMフリースマホ