ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

便利なアプリランチャー!arrows M02のスライドインランチャーの使い方

      2016/09/05

スライドインランチャー

ホームに戻らずにアプリを起動できる。arrows M02のスライドインランチャーの使い方

arrows M02やarrows Fit F-01Hの富士通製のスマホには、スライドインランチャーという便利な機能があります。

スライドインランチャーを使えば、アプリを起動中に、ホーム画面に戻らなくても、他のアプリを起動できるので、一手間省けます。

ランチャーの起動の方法は簡単です。スマホの画面の左隅から右上へ指をスライドさせると、円状のアプリランチャーが表示されます。

スライドインランチャー起動

 

使いたいアプリのアイコンをタップすれば、ホーム画面に戻らずに、アプリを起動できます。

このスライドインランチャーには、自分でアプリを設定したり、起動させる場所を設定できますので、その方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

スライドインランチャーにアプリを登録する方法

スライドインランチャーを起動させます。右に「歯車」アイコン(設定)が表示されますので、タップします。

アプリランチャー設定

 

「スライドイン機能」画面が表示されます。スライドインランチャー機能のON、OFFは一番上の「スライドイン機能」をタップしてスイッチを切り替えます。

そして、アプリをランチャーへ登録をするには、「ランチャー設定」をタップします。

スライドインランチャー設定画面

 

ランチャー設定画面が表示されます。4つまでランチャーを設定できます。

今回はランチャー1へアプリを追加しますので、「ランチャー1」をタップします。

スライドインランチャー設定画面

 

ランチャー1が拡大表示されますので、登録したい場所をタップします。

今回は空いている場所をタップします。

スライドインランチャーアプリ登録

 

項目を選択画面が表示されますので、登録したいアプリをタップします。

スライドインランチャーアプリ登録

 

アプリを選択すると、ランチャー設定画面が表示され、登録できているのを確認できます。

これでアプリの登録は完了です。

スライドインランチャーアプリ登録完了

 

スライドスポットの変更の方法

スライドインランチャーを表示させるスライドスポットの変更もできます。

スライドインランチャーを起動させます。右に「歯車」アイコン(設定)が表示されますので、タップします。

アプリランチャー設定

 

スライドイン機能画面が表示されますので、「スライドスポット」をタップします。

スライドスポットの変更

 

現在のスライドスポットの設定状態が表示されます。左下には現在のスライドインランチャーが設定されています。右下にはキャプメモが設定されています。

設定したい場所をタップします。

スライドスポット登録画面

 

設定したいランチャーを選択します。これでスライドスポットへランチャーの登録は完了です。

スライドスポットへランチャー設定

 

まとめ

パソコンと違って、スマホはマルチウインドウではないので、アプリを起動させるには、ホーム画面に戻らないといけないというイメージを持っていました。

しかし、このスライドインランチャーを使えば、ホーム画面に戻らないで、アプリを起動できるので、非常に便利です。

スライドスポットで、ランチャーを起動させる場所も自由に設定でき、ランチャーも4つまで登録可能なので、自分の使いやすいようにカスタマイズが可能です。

頻繁に使うアプリだけをランチャーに登録すれば、ストレスレスでスマホを快適に使えます。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - Androidアプリ&機能, arrows Fit F-01H, arrows RM02/M02, SIMフリースマホ