ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

arrows M02のフリック入力を自由に変更!Super ATOK ULTIASで簡単設定

      2016/09/05

文字入力

Super ATOK ULTIASでarrows M02のフリック入力のキーボードを好きなものに変更できる

arrows M02、Fit F-01Hには、富士通とジャストシステムの共同開発による日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS」が搭載されています。

Super ATOK ULTIASには予測変換や住所検索、旬なキーワード追加など便利な入力支援機能がたくさんあります。

その中に、フリック入力用のキーボードを選べる機能があります。

フリックキーボード

なんと、Xperiaタイプ、AQUOSタイプ、iPhoneタイプ、フィーチャーフォンタイプなど7つのタイプから選べます。

機種が変わると入力用のキーボードも変わるので、これに慣れるのが面倒くさい事が多いので、今まで使い慣れていた前機種のキーボードをそのまま使えるのは、とても便利です。

ただ、大々的に宣伝されている機能ではないので、私も知りませんでした。

という事で、今回はフリック入力用のキーボードの変更方法を紹介します。

スポンサードリンク

 

Super ATOK ULTIASでキーボードの設定方法

「ULTIASオススメ」アイコンをタップします。
ultias icon

 

ULTIASオススメ機能画面が開きますので、「選べるキーボード」をタップします。

オススメ機能

 

キーボードの選択画面が開きますので、下部に表示されているサムネイルをスライドさせて、好きなキーボードを選択します。

キーボード選択画面1

STYLE-XP SonyのXperiaタイプ
STYLE-AQ SharpのAQUOS PHONEタイプ
STYLE-GA SamsungのGalaxyタイプ
STYLE-EL PanasonicのELUGAタイプ
STYLE-IP AppleのiPhoneタイプ
STYLE-FP フィーチャーフォンタイプ

以前に使っていたんのがiPhoneならSTYLE-IPを選択して、右上の「キーボードに設定」をタップします。

これで設定完了です。

iPhoneタイプ

 

これで、次回から、文字入力をする時には、iPhoneタイプのキーボードが表示されます。

IPキーボード

 

おまけ

選べるキーボードの中にSTYLE-FPというフィーチャーフォンタイプのキーボードも選べます。

FPタイプ

 

ガラケーに慣れてる人はこれの方が打ちやすいかもしれません。ただ、キーボードが大きいので、入力画面が小さくなるというデメリットがあります。

FPキーボード

 

まとめ

メーカーによってスマホの入力用キーボードが微妙に違っていて、乗り換えの際に非常にストレスになります。

まあ、そういうものだと思って、新しいキーボードに慣れようと努力するのが当たり前になっていますが、Super ATOK ULTIASのこの機能があればそのストレスからも開放されます。

この機能は、地味ですが、かなり便利な機能だと思います。しかし、日本人的な気配り機能ですね。

Super ATOK ULTIASには、ATOKキーワードExpressという最新の流行キーワードや新名称を自動ダウンロードできる機能もありますので、とても便利です。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - arrows RM02/M02, SIMフリースマホ