ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

留守電代わりに!arrows M03の伝言メモの使い方

   

伝言メモ

有料の留守電サービスの代わりにarrows M03の伝言メモ機能を使う

格安SIMのほとんども、留守番電話サービスは有料オプションとなっていて、私が契約している楽天モバイルも月額300円のオプションサービスです。

格安SIMで月額の電話料金を抑えているのと、メールやLINEでもやり取りが増えてきていて、通話でのやり取りが少ないのもあって、留守番電話サービスに300円を使うのは勿体無い気がします。

ただ、留守電も無いなら無いで困る事もあるので、Andoroidスマホのarrows M03本体に付属していて無料で使える「伝言メモ」機能を利用しています。

このAndoroidスマホに付属している伝言メモ機能は、60秒以内までメッセージを記録してくれるので、留守電の代わりになります。

ただ、録音する方法に違いがあるので、一長一短です。

留守番電話サービス 伝言メモ
スマホの電源をOFF、電波が届かない場所、話し中でもOK スマホの電源をOFF、電波が届かない場所、話し中は不可
メッセージ確認に通話料が発生 メッセージ確認は無料
月額300円 無料

電話がかかってくる事が少ない場合なら、伝言メモの条件でも十分です。

ということで、arrows M03の伝言メモ機能の使い方を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

伝言メモを開始する方法

液晶画面の上部を下にスライドさせると便利メニューが下りてきますので、「伝言メモ」アイコンをタップします。

伝言メモ1

 

伝言メモアイコンがオンになりました。

これで伝言メモ機能が開始されて、電話に出れなかった場合にメッセージが録音されるようになります。

伝言メモ2

 

電話が掛かってきて、しばらく出ないでいると、伝言メモ機能が作動します。

電話帳に登録されている先からの電話の場合なら、登録名と電話番号が表示されます。

このタイミングで電話に出たり、録音をブロックする事もできます。

伝言メモ3

 

録音された伝言メモを聞く方法

メッセージが録音されると、「伝言メモ」と「不在着信」の通知が表示されます。

こちらも電話帳に登録されていれば、登録名が表示されます。

伝言メモを聞く場合は、通知をタップします。

20160802-090411

 

伝言メモリスト画面が表示されますので、聞きたい伝言メモをタップします。

伝言メモ5

 

伝言メモ再生画面が表示されますので、再生ボタンをタップします。

録音されたメッセージが再生されます。

伝言メモ6

 

伝言メモを削除する方法

伝言メモを削除する場合は、右下のメニューをタップします。

伝言メモ8

 

メニューが開きますので、「削除」をタップします。

伝言メモ7

最終確認がされますので、削除して問題なければ「はい」をタップします。

伝言メモ9

 

聞き逃した伝言メモを聞く方法

つい「通知」を削除してしまった場合に、録音された伝言メモを聞く方法を紹介します。

思いの外、深い階層まで入らないといけないので少し面倒です。

「設定」アイコンをタップします。

設定アイコン

 

設定画面が表示されますので、「便利機能」をタップします。

伝言メモ10

 

便利機能画面が表示されますので、「電話」をタップします。

伝言メモ11

 

電話画面が表示されますので、「通話設定」をタップします。

伝言メモ13

 

通話設定画面が表示されますので、「伝言メモ」をタップします。

伝言メモ14

 

伝言メモ画面が表示されますので、「伝言メモリスト」をタップします。

伝言メモ16

 

伝言メモリスト画面が表示されますので、聞きたいメッセージをタップします。

伝言メモ16

 

伝言メモの呼出音や応答メッセージの変更設定

伝言メモ画面で、「伝言メモ設定」をタップします。

伝言メモ21

 

伝言メモ設定画面が開きますので、応答メッセージなど自分で設定したい項目をタップします。

伝言メモ22

 

まとめ

aroows RM02に付属している伝言メモ機能は、無料で60秒以内までメッセージを録音できるので、非常に嬉しい機能です。

これがあれば留守番電話サービスを契約しなくても大丈夫で、年間で3,600円も節約できます。

この面でもarrows RM02はコストパフォーマンスに優れた機種です。

 - arrows M03, SIMフリースマホ