ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

おサイフケータイ・ワンセグ搭載!ドコモのarrows Be F-05Jは、arrows M03をベースにした格安国産ミドルスペック機

      2017/05/29

arrows Be F-05Jは、Android7.1を搭載したarrows M03やarrows SV F-03Hのリファイン機

ドコモからリリースされるarrows Be F-05Jは、2ドコモの格安SIMへのMNPを防ぐため、ドコモユーザーにコストパフォーマンスの高い国産スマホを提供し、ラインナップの充実するのを目的としてリリースされたようです。

スペック的に大きな違いは、OSがAndroid7.1にバージョンアップされた点だけのようで、新製品というよりもリファイン機という感じです。

arrows Be F-05J

 

外側のデザインも、上下左右の外枠が丸みを帯びたものに変更されただけで、大きな変更は無さそうです。

 

arrows Be F-05J

 

arrows M03やarrows SV F-03Hをベースにしているので、機能も充実しており、動作も安定していると思います。

一年前に発売されたarrows M03は、今でも価格コムのSIMフリーランキングで10位以内に入っています。(2017/5/25現在)

私は現在、arrows M03を楽天モバイルのSIMで使っているのですが、CPU的に少し遅いと感じる時もたまにありますが、普段使いには問題ありません。

国産スマホならではの機能であるおサイフケータイやワンセグも大活躍中です。

ということで、arrows Be F-05Jとarrows M03のスペックを比較してみたいと思います。

スポンサードリンク

 

arrows Be F-05Jの特徴

落下時などの耐衝撃性の高さ

落下防止として液晶画面には、Corning®Gorilla®Glass 3を使用。画面周囲を0.3mmだけ高くして、液晶画面が地面に当たらないように設計されています。

また、富士通独自の落下試験もクリアしているようです。

Corning®Gorilla®Glass 3ちなみに、私のarrows M03も何度も地面に落としていますが、画面割れや故障はしていませんので、頑丈だと思います。

 

防水・防塵対応

IPX5/IPX8の防水性能。IP6Xの防塵性能にしているので、お風呂での使用も可能です。

私もお風呂で使っていますが、大丈夫です。

IPX5/IPX8の防水性能。IP6Xの防塵性能。

 

ワンセグを搭載

ワンセグを搭載していますので、災害時に災害情報の確認などができます。

私も初めは必要ない機能だと思っていましたが、プロ野球シーズンの時期になると、お風呂で野球観戦をするのに大活躍中です。

 

ワンセグ

 

便利なおサイフケータイ

arrows M03では、ICOCAや楽天edyに加えてnanacoにも対応しているので、非常に便利です。

おサイフケータイ

 

arrows Be F-05Jと、arrows M03のスペック比較表

OSがAndroid7.1にバージョンアップされているほかは、全く同じスペックです。

CPUをSnapdragon430とは言わないまでも、メモリかストレージのスペックアップはして欲しかったなあと思います。

  arrows Be F-05J arrows Be F-05J arrows m03arrows M03
メーカー 富士通 富士通
プラットフォーム Android 7.1 Android 6.0
プロセッサー
動作周波数
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
Qualcomm  MSM8916
クアッドコア 1.2GHz
画面サイズ 5.0インチ IPS
1,280×720ドット HD
5.0インチ IPS
1,280×720ドット HD
メインメモリ 2GB 2GB
記録装置 16GB
microSDXC
16GB
microSDXC
カメラ メイン:約1,310万
フロント:約500万
メイン:約1,310万
フロント:約500万
バッテリー容量 2,580mAh 2,580mAh
サイズ 高144mm
幅72mm
厚7.8mm
高144mm
幅72mm
厚7.8mm
質量 約141g 約141g
ワンセグ
おサイフケータイ
防水・防塵対応
SIMサイズ nano SIM nano SIM
カラー

ブラック
ホワイトレッド

シャンパンゴールド
ピンク
ブラック
ホワイト
価格

26,400円(税抜)

32,800円(税抜)
楽天モバイルキャペーン価格
19,700円(税抜)

まとめ

arrows M03は、国産スマホとしては、値段の割には高機能なので、安心して使えています。

海外製のスマホには搭載されちないワンセグやおサイフケータイ、防水・防塵機能など、国産スマホならではの機能が使えるのは、とても便利です。

arrows M03やarrows SV F-03Hの後継機して考えないのであれば、3万円を切る価格でリリースされるので、ドコモユーザーにとってはお買い得なスマホかと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - arrows Be F-05J