ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

簡単バックアップ!arrows M02/RM02でJSバックアップを使ってみる

      2016/07/16

Android用アプリのJSバックアップなら簡単にバックアップできる

使い慣れてきたスマホを水没、故障などで、新しいものと取り換えになる事もあるかと思います。arrows M02/RM02は防水性、耐衝撃性に優れている機種とはいえ、車に轢かれるなどの不慮の何かが起きないとは言い切れません。

そんな時に、新しいスマホに今まで使っていたスマホと同じ環境を作るのは、すごく面倒な作業です。

今では、WEBやクラウドのサービスが多くなって、アプリのインストールとログインですぐ使えるものも増えましたので、少し楽にはなりました。

しかし、スマホ本体に保存されている連絡先情報やSMSのメッセージ内容、写真、動画、楽曲、ブックマークなどは、バックアップを取って置かないと、新しい機種に引き継ぐことはできません。

なので、いつでも簡単にバックアップを取っておけて、何かの時には簡単に復旧できると非常に助かります。それが可能なバックアップアプリの1つを紹介します。

スポンサードリンク

 

JSバックアップでフルバックアップする手順

GooglePlayで、「JSバックアップ」をインストールします。

インストールが完了したら、アイコンをタップしてアプリを起動します。

JSバックアップアイコン

アプリが起動すると利用許諾について確認をしてくるので、問題なければ「同意する」をタップします。

JSバックアップ1

 

続いてインフォメーション画面が表示されますが、アプリのお知らせなので、読んだら「もどる」を押します。

JSバックアップ2

 

メニューが表示されますので、今回は「バックアップ&復元」をタップします。

JSバックアップ3

 

JSバックアップはデータとアプリ(APK)をそれぞれ分けてバックアップします。これにより、フルバックアップとなります。

データのバックアップ

まずは、連絡先情報、SMSメッセージ、写真、楽曲などのデータ類をバックアップしますので、上の「データ」タブをアクティブにして「バックアップ」をタップします。

JSバックアップ4

 

まず、最初にバックアップファイルの保存先を聞いてきます。今回は挿入しているSDカードに保存しますので「SDカードにバックアップする」をタップします。

SDカード以外にも、クラウドとして、Google driveやDropboxなど保存先として指定できるようです。

JSバックアップ5

 

バックアップに関する設定を行いたい場合は、ここで変更をします。例えば、復元用のパスワードやバックアップファイル名などは、好きなものに設定変更できます。このままで良ければ「スタート」をタップします。

jsbackup6-

 

※また、バックアップするデータを選ぶ事もできます。バックアップデータの「変更」をタップすると、スマホ内のデータが表示されますので、不要なものはチェックを外します。画像などはフォルダ単位でも選択ができますし、画像単位でも選択ができます。

jsbackup6-2

 

jsbackup6-3

 

バックアップをスタートさせると、バックアップの進捗状況のグラフと、バックアップに成功したものがリストに追加されます。

jsbackup9

 

すべてのファイルのバックアップが完了すると保存するために圧縮を開始します。

jsbackup10

 

圧縮が終了してSDカード、または指定先に保存されるとバックアップ完了です。

jsbackup11-

 

スポンサードリンク

アプリ(APK)のバックアップ

データとは別にアプリのバックアップは、別途行う必要があります。

基本的には、現在インストールしているアプリを、GooglePlayで探さないで、バックアップからインストールできるというイメージです。

ログイン情報などはバックアップされずに、再度入力が必要なようです。

まずは、「APK」タブをタップして、「バックアップ」をタップします。

アプリバックアップ1

 

バックアップするアプリのリストが表示されます。バックアップに必要のないアプリがあれば、「変更」をタップして、リストから外します。

アプリバックアップ2

 

問題なければ、「スタート」をタップします。

アプリバックアップ3

 

バックアップが終了すると、完了のメッセージが表示されます。これで無事にバックアップ完了です。

アプリバックアップ4

 

ファイル管理アプリKSfilemanagerで確認する

念のため、arrows RM02にプリインストールされているKSfilemanagerで、バックアップがちゃんと保存されているかを確認できます。

KSfilemanager

 

KSfilemanagerを開いてSDカード→Android→data→jp.co.johospace.backup→jsbackup→dataとタップしていくと先程のバックアップファイルが保存されているのが確認できます。

Ksfilemaneger

 

まとめ

JSバックアップを使えば、いつでも簡単にバックアップができますので、気がついた時、もしくは自分で決めた間隔で、最新のバックアップにしておくのが良いかと思います。

ただ、手動バックアップだと、ついつい忘れてしまって、いざという時には、かなり古いバックアップファイルしかないという事はよくあるパターンで、私も仕事などで、つらい思いをした事が何度かあります。

防止策として、自動バックアップを利用すれば、毎日、1週間、1ヶ月など間隔を設定すると、自動的にバックアップしてくれるようです。これなら安心かも。

また、Android標準搭載の自動バックアップ機能を使って、必要最低限のデータをバックアップしておくと、より安全になると思います。

 - Androidアプリ&機能, arrows RM02/M02, SIMフリースマホ