ウェブライフバランス

コスパに優れたSIMフリースマホや格安SIMのサービス、便利なWEBサービスの情報を発信します。

全国店舗で契約できるイオンモバイル!楽天モバイルと料金比較してみる

      2016/04/28

Pocket

楽天モバイルVSイオンモバイル

料金プランが豊富で、全国の店舗で契約できるイオンモバイル

大手スーパーのイオンが満を持して自社で格安SIMの提供を開始しました。今までは他社のSIMをイオンで代理店販売していただけですが、MVNOとして自社ブランドでのサービスを展開しています。

何と言っても、格安SIMの特徴は、インターネット上で簡単に契約ができる点です。しかし、逆に、docom等のキャリアのショップでの契約方法に慣れている人には、初期設定を自分でする必要があったり、プランなどの相談ができない点に、抵抗感も強かったと思います。

イオンモバイル

その点、イオンモバイルの場合は、全国にあるイオン店舗でも販売されるので、店頭でスタッフと相談をしながら契約でき、当日その日にスマホを受け取る事も可能です。

これは楽天モバイルでも経験しましたが、初期設定などの不安も少なくて、とても便利です。

また、有料ですが電話サポートが含まれた安心パックのような格安SIMで抜け落ちがちな、痒いところに手が届くサービスを提供してくれます。

それでは、イオンモバイルと楽天モバイルを比較しながら紹介したいと思います。

スポンサードリンク

選べる豊富な料金プランを比較

イオンモバイルの料金プランは0.5GB~50GBまで選べてバリエーションが豊富です。楽天モバイルと比較してみようとしたところ、下の表のように、楽天モバイルの料金プランの間を、綺麗に埋めるような構成になっていました。

比較しにくいですが、4GB、6GB、8GB辺りなら、楽天モバイルよりもお得になりそうです。

<音声プラン>

高速データ通信容量 イオンモバイル 楽天モバイル
0.5GB 1,180円
1GB 1,280円
2GB 1,380円
3.1GB 1,600円
4GB 1,580円
5GB 2,150円
6GB 1,980円
8GB 2,680円
10GB 2,960円
12GB 3,280円
20GB 5,980円
30GB 7,980円
40GB 10,800円
50GB 14,800円

店舗で契約サポート

全国213店舗あるイオン店舗で、契約から故障修理受付や料金プラン変更等のサポートを行っています。週末の買い物のついでに、格安SIMにMNPして乗り換えできるのは非常に便利です。

店舗サポート

更に、そのイオンの中に今お使いの携帯キャリアのショップがあれば、そのイオンの中でイオンモバイルへのMNPが完了できます。

楽天モバイルも大手家電と組んで直営店を含めて50店舗と、何とか頑張っています。今後は直接店舗の存在もシェアに大きく影響してきそうです。

  イオンモバイル 楽天モバイル
店舗数 213店舗 50店舗

その他の特徴

イオンモバイルは、家族シェアプランや3日間のデータ利用限度が無い点等、先行している格安SIMに負けない充実したサービスとなっています。

ただ、楽天モバイルが提供している「5分かけ放題オプション」のような通話のお得なサービスが無いのが残念です。

  イオンモバイル 楽天モバイル
家族シェアプラン 有り 無し
通信回線 docomo回線 docomo回線
データ容量の次月繰り越し 有り 有り
高速通信のオンオフ機能 有り 有り
3日間のデータ利用限度 無し 有り
最低利用期間 無し 1年
かけ放題 無し 有り
下取りサービス 無し 有り

豊富な国産機種ラインナップ

イオンモバイルでは、XPERIA J1 CompactやVAIO Phone、AQUOS SH-M02、arrows M02など、国産のスマホがラインナップされています。(格安SIMに多い中華系スマホがありません)

取り扱い端末

この中で一番のオススメは富士通のarrows M02です。

取扱機種が楽天モバイルの国産スマホのラインナップとほぼ同じなので、このサイトでもしつこく紹介していますが、非常に、コストパフォーマンスに優れた機種です。

私が使っているのは、楽天モバイルではarrows RM02という製品番号ですが、arrows M02と同じ機種です。

この機種は、価格ドットコムのSIMフリー端末の人気ランキングでも上位に入っています。

価格ドットコムの人気ランキング

まとめ

イオンが先行する格安SIMとの差別化として、料金プランやサービスをかなり充実させています。

また、身近なイオンで相談しながら契約できるので、高齢者やネットや格安SIMに詳しくないユーザーの格安SIMへの乗り換えに拍車が掛かるでしょう。

イオンモバイルの本格的な参入で、格安SIM市場がさらに拡大しそうです。それに加えて、各MVNO間でのサービス合戦も始まりそうです。

すでに、楽天モバイルは、ローソンでの端末受け取りのサービスを東京都内から開始します。これからのサービスの充実は楽しみです。

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 楽天モバイル&格安SIM, 通信費と他社比較